身投げ寸前で保護された中高生たちの苦しみ

断崖に立ってなお救いを求めている

東尋坊で自殺防止のパトロールをする茂幸雄さん(右)ら。「未成年者の自殺の動機は抗議」と話す=2017年12月、福井県坂井市

福井県外のある高校3年生男子は、クラス全員から「体臭が強い。近寄るな」と言われた。廊下を歩くと、他の生徒は端に寄り、かに歩きのようにしてすれ違った。担任に相談すると「朝シャン(朝の洗髪)して来い」と逆に注意された。生徒は毎日“朝シャン”をしていた。いじめられていることを父親に話すと「男のくせに、何だ」と怒鳴られた。どこにも逃げ場はなかった。

2013年11月、身を投げるために坂井市の東尋坊にやって来た。雨が降る中、東屋で休んでいるところを、自殺防止活動をするNPO法人「心に響く文集・編集局」のスタッフに保護された。

2学期が始まったばかりの昨年8月31日午後6時半ごろ、高校2年生の女子生徒は東尋坊の岩場の先端に座り込んでいた。「宿題が提出できず恥ずかしい思いをした」。県外の進学校に通っていた。勉強についていけないと両親に言っても「退学なんて恥ずかしい」の一点張り。暗くなったら、海に飛び込もうと考えていたところ、同NPOの茂幸雄代表(73)に声を掛けられた。

連絡を受けた学校は「今年も勉強についていけない生徒20人が退学した。彼女の親にも退学を勧めた」。現場に駆け付けた父親は娘を見て「やっぱり」と言った。茂さんは、娘が追い詰められていたことを分かっていた父親の言葉に怒りを感じた。「なぜ娘の味方になってやれなかったのか」。娘には漫画家になる夢があった。

本当に死にたいと思っている人はいない

2004年に立ち上がった同NPOが、これまでに救った609人(1月22日現在)のうち、未成年者は22人。その中には自転車で来た県内の高校生も含まれている。

スタッフは、とにかく声を掛け、嫌がって逃げる人でも捕まえて、事務所に連れて行く。すると、ぽつりぽつりと話し始めるという。「飛び込む寸前になっても、本当に死にたいと思っている人はいない」。茂さんがたどりついた結論だ。断崖に立ってなお、救いを待っていた。

次ページ私の居場所はない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。