節約列島日本で、高級モード誌は復権するか

『Harper’s BAZAAR』 森明子編集長に聞く

雑誌不況で多くの女性誌が休刊になる中、珍しく“復刊”を遂げた雑誌がある。米国発のモード誌『Harper’s BAZAAR』だ。米国では最も歴史が長く、「女性誌といえばモード誌」の欧米では、『VOGUE』『ELLE』などと並んで、高い支持を受けている。
とはいえ、日本国内の女性誌市場はすでに飽和状態。加えてメインターゲットとなる30代以上の女性の好みは、気取らない、身の丈にあったおしゃれにシフトしている。ハイエンドなブランドを中心に扱う同誌には、ちょっと不利な状況だ。
それでも復刊に至ったのはなぜなのか。その背景には女性のどんなニーズがあるのか。森明子編集長に聞いた。

モード誌の大戦争時代に、何が起きたか

――本拠地のアメリカでは、とても歴史の古いファッション誌なのですね。

ええ、まさにパイオニア的存在です。創刊は146年前で、当時から女性が編集長を務めていた、革新的な雑誌です。創刊から一貫してアートやクリエーションの感覚をとても大事にしていて、いつの時代も、有名な写真家や画家が表紙を手掛けています。『Harper’s BAZAAR』を通じて有名になったアーティストも多く、アメリカでは業界の登竜門的な位置づけにもなっているんですよ。

――過去に、日本版を展開されていましたが、一度、撤退しています。なぜ、うまくいかなかったのでしょう?

前回は2000年から、約10年間出していました。確かに一度、休刊になった雑誌を復活させるのは勇気がいりますよね。しっかりリスクを考える必要があるだろうと思い、今回、編集長就任が決まってから、前の日本版で編集長を務められた方々に会って、うまくいったこと、うまくいかなかったことについてヒアリングをしました。

まず根本的なことですが、前回は日本の小規模な会社がライセンスビジネスとして展開していたため、本国とのやり取りが不十分でした。私も当時、たまたま創刊号を買って読みましたが、歴史ある雑誌のDNAがきちんと反映されているかというと、そうではないなという印象を受けたのを覚えています。『Harper’s BAZAAR』を求めて買う人にとっては、少し物足りなかったのではないかと。

そうこうしているうちに、日本でもインターナショナル誌だったり、日本オリジナルだったりのモード誌がどんどん出てきて、大戦争時代になりました。その中で『Harper’s BAZAAR』は、うまく立ち位置が確立できなかった感があります。読者の目を引くようなチャレンジをしている時期もあったのですが、それが浸透し、定着していくことができず、休刊という形になってしまいました。

――その点、今回は、米国ハースト社の直轄で雑誌が作られるというわけですね。

そうです。私自身、別の雑誌でライセンス誌も直轄誌も経験していますが、直轄のほうが本国の“運命共同体”という感が強くなりますね。そもそも『Harper’s BAZAAR』を再開するきっかけとなったのが、当社が2011年の7月にハースト社の傘下に入ったことでした。親会社の持っているタイトルを日本でももっと展開していこうという中で、手始めに『Harper’s BAZAAR』を、ということになって。

次ページ20代から70代セレブをずらっと並べる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。