原大智が銅、男子モーグルで日本初のメダル

キングズベリー金、グレアム銀

 2月12日、平昌冬季五輪フリースタイルスキーの男子モーグル決勝、原大智が銅 メダルを獲得した(2018年 ロイター/Issei Kato)

[平昌(韓国) 12日 ロイター] - 平昌冬季五輪は12日、フリースタイルスキーの男子モーグル決勝を行い、原大智が銅メダルを獲得。今大会の日本勢初メダルを獲得した。

原は決勝1回目では3位。2回目はトップで通過。3回目は82.19点で3位に入った。男子モーグルで日本勢がメダルを獲得したのはこれが初めて。

2014年ソチ大会で銀メダルだったミカエル・キングズベリー(カナダ)が86.63点で優勝。マット・グレアム(オーストラリア)が82.57点で2位だった。

遠藤尚、堀島行真はともに2回目で転倒して敗退。10位、11位に終わった。西伸幸は2回目に進むことができず、19位だった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。