スピードスケート女子3000m、高木美帆は5位

オランダ勢が表彰台を独占

 2月10日、平昌冬季五輪スピードスケートの女子3000メートル、高木美帆(左)は4分1秒35で5位だった(2018年 ロイター/Jorge Silva)

[江陵(韓国) 10日 ロイター] - 平昌冬季五輪は10日、スピードスケートの女子3000メートルを行い、高木美帆は4分1秒35で5位だった。佐藤綾乃は4分4秒35で8位に入り、菊池彩花は19位だった。

高木は低地での同種目では自己ベストの記録で滑り、競技後は「まだ上位になる力がないと受け止めている。明日以降のレースでできることはたくさんあると感じた」と述べた。

オランダ勢が表彰台を独占した。カレイン・アクテレークテが3分59秒21で優勝。前回覇者イレイン・ブストが0秒08差の2位。高木と同組で滑ったアントワネット・デヨングが3位だった。

ブストはスピードスケートでは最多タイとなる五輪通算9個目のメダルを獲得した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。