小田急vs京王「多摩の陣」で最後に笑うのは?

春のダイヤ改正で通勤スタイルが様変わり

京王の新型車両「5000系」。通常時はロングシート、京王ライナーとしての使用時は前方を向くクロスシートに転換することができる(撮影:尾形文繁)

ロマンスカーに対抗すべく、京王も座席指定列車「京王ライナー」向けに、5000系という新型車両を用意した。同社にとって新型車両の導入は16年ぶり。座席を横掛けのロングシートと、特急列車のように前方を向くクロスシートの両方に転換することができるのが特徴だ。見掛けは普通の通勤列車だが、全席電源コンセント設置、無料公衆無線LAN(Wi-Fi)など、ロマンスカーに負けないサービスが、京王ライナーの売り物だ。

小田急より安い座席指定料金にこだわる

京王ライナーは新宿を出発すると、特急停車駅である明大前、調布といった主要駅を通過して、府中や京王永山までノンストップで走る。座席指定料金は一律400円。「他社が300~500円くらい。割高感があると乗っていただけないので、この価格を設定した」と紅村社長は説明する。

新宿―府中間(21.9km)に相当する小田急・新宿―新百合ヶ丘間(21.5km)の特急ロマンスカー料金は410円なので、小田急よりも10円だけ安い。新宿―橋本間(38.1km)に相当する小田急・新宿―大和間(39.9km)の特急ロマンスカー料金は510円。京浜急行電鉄の通勤ライナー「京急ウィング号」の座席指定料金一律300円にはかなわないが、小田急よりも安くすることにはこだわった。

京王ライナーの停車駅。特急よりも停車駅を少なくすることで速達性を高めている。小田急をはじめとする競合他社をベンチマークして、座席指定料金は一律400円に設定した(撮影:尾形文繁)

小田急は朝の通勤時間帯も特急ロマンスカーを運行しているが、京王が今回設定したのは平日夜の下り方面だけ。紅村社長は、「初めての導入であり混乱がないように、まずは平日夜の時間帯から始める」と慎重姿勢を崩さない。とはいえ、「朝の早い時間帯でも(運行は)可能」としており、「朝だけでなく高尾山口方面への導入などいろいろなパターンが考えられる」とも発言。今後の展開に含みを持たす。

高尾山はミシュランガイドで最高評価の三ツ星を獲得しており、週末に走らせれば観光需要も期待できる。運行の実質初年度となる2018年度は難しそうだが、2019年度以降には、京王ライナーが朝夕問わず駆け巡る姿が見られるかもしれない。

次ページ小田急も新宿直通特急を設定
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。