35歳女性社長が変えた「突っ張り棒」の常識

平安伸銅工業は、新需要をどう開拓したのか

キッチンにもラック付き突っ張り棒を活用(写真:平安伸銅工業)

まず玄関では、先程の「ドローアライン」の飾り棚セットがスタイリッシュにお出迎えです。部屋に入るとまず目につくのは、カフェの飾り棚のような表紙を前にした本棚。普通の本棚に、木の質感に合わせた突っ張り棒を配置しています。

そしてクローゼットの中は、棚板やカゴがついた突っ張り棒でスッキリと収納。ついゴチャゴチャするキッチンも、ラック付き突っ張り棒で食器や調味料などを整然と並べています。洗面所も、洗面台下に突っ張り棒と100円ショップのカゴで収納スペースを確保。わずかなスペースを有効活用しています。

100円ショップの製品も活用

目に見えるところは、自社の「ラブリコ」や「ドローアライン」が使われていますが、そうでないすき間スペースや引き出しの中は100円ショップの製品を活用。こうしたあたりの自在さも、「突っ張り棒博士」の面目躍如といったところでしょう。

バネタイプ突っ張り棒(写真:平安伸銅工業)

平安伸銅工業の最新カタログを見ると、後半に「Weekend Workshop」というブランドが紹介されています。自らのDIYスクール体験を生かし、大工仕事に慣れない女性方でも週末気軽にDIYを楽しめるようにと考え出されたブランドです。

社会が成熟し、暮らしも豊かになりました。しかし住環境は決して改善されておらず、手に入れられる環境、スペースには限りがあるのが現実です。その中で竹内社長は、単なる道具の提供だけでなく暮らし方のノウハウまで提供する、つまりハードとソフトを融合させ、毎日の暮らしを豊かにしていけるよう提案し続けているのです。

最後に、竹内社長の社名への思いを聞かせてもらいました。

「祖父が創業者で、戦後は銅を溶かしていろいろなものを作っていました。今はもう銅製品はありませんが、社名と共に起業家精神を祖父から引き継いでいると思っています」

横文字の製品ラインナップ、インスタグラムやフェイスブックでの製品活用例の紹介など、まさに時代の最先端を行きながら、65年の会社の歴史もしっかりと見据えています。その新製品が、時代に迎合した浮ついたものでなくどっしりした風格を感じさせるのも、平安伸銅工業の長い歴史と熟練の技の賜物だと思いました。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。