米ISM製造業景気指数、2年半ぶり高水準

9月指数は56.2、前月の55.7から上昇

10月1日、 米供給管理協会(ISM)が発表した9月の製造業部門景気指数は2011年4月以来ほぼ2年半ぶり高水準に。写真はニューヨークのワン・ワールド・トレード・センター。9月撮影(2013年 ロイター/Gary Hershorn)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が1日発表した9月の製造業部門景気指数は56.2と、前月の55.7から上昇し、2011年4月以来ほぼ2年半ぶり高水準となった。

ロイターがまとめたエコノミスト調査では55.0に低下すると予想されていた。

指数は50が景気を見極める上での分岐点となる。

雇用は55.4で前月の53.3から上昇し、2012年6月以来の高水準となった。

新規受注は60.5と、前月の63.2から低下した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。