「喜劇の時代」を生きるための哲学と民主主義

今、世界で最も注目される天才哲学者が語る

民主主義の衰退を許せばあっという間に崩壊するでしょう(写真:istocksdaily/iStock)
世界中で民主主義が劣化している。アメリカのトランプ現象、イギリスのEU離脱、フランスの極右政党台頭など、多数の民意を反映した選択は、目先の利益のみを優先し、自国の生き残りをかけたものばかりだ。今、注目の若き哲学者が『欲望の民主主義』で語った、現代の民主主義、ヨーロッパ思想の原点の危機。新世代の知性は、いかに民主主義の定義を更新するか。

私たちは「喜劇の時代」を生きている

1989年にアメリカの政治学者フランシス・フクヤマによる有名な「歴史の終わり」という宣言がありました。フクヤマが言わんとしたのは、これから先、永遠にアメリカ的な自由主義の民主主義が唯一の選択肢になる、ということでした。ですが、それは間違っていました。「歴史の終わり」は、まだ来ていないのです。私たちが生きているのは、「歴史の終わり」の終わりの時代でしょう。つまり私たちは歴史の始まりの時代に生きているのです。

人々の欲望の噴出は、むしろ<近代>以前のような様相を呈しています。現在の状況はとても原始的で、古人類学的とも言える反応を多くの場面で目にします。人々は、より原始的になったのです。今起きていることのうち多くのことが、まるで中世の出来事のようです。歴史の教科書に載っているようなことばかりなのです。マルクスが言ったように、まさに「歴史は繰り返す。最初は悲劇として、2度目は喜劇として」ですね。今、私たちは「喜劇の時代」に生きているのかもしれません。

では、こんな時代をどうすれば乗り越えられるのでしょう? 歴史の概念について、再び振り返り、熟考すればいいのです。実際、私たちには、今こそ、新しい歴史の哲学が必要なのです。今いかに哲学が軽んじられているか、具体的に申しあげましょう。たとえば、ドイツのアカデミズム世界で、哲学が学ばれていたとしても、歴史哲学の教授の職は1つもありません。ドイツでは、誰一人として歴史の哲学を研究してはいないというわけです。最悪です。

アメリカのシステムでも同じです。歴史の哲学の研究者は2、3人はいるかもしれませんが、それは歴史が終わる可能性もあるという幻想の結果で、ほとんど研究者はいません。歴史が終わることはありません。今は妙な形で……、漫画かおかしな空想物語のような形で歴史が再現されています。たとえばトランスヒューマニズム、すなわち、科学技術の力によって人間の精神的、肉体的能力を増強し、ケガ、病気、老化なども克服しようとするものや、あらゆる問題をロボットで解決しようというもの。人工知能やロボットの論文は実は、再び歴史を終わらせようとする試みです。新たな神学です。

次ページ誰もが信心深い今、哲学は力を持つ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国発 株価大波乱<br>「適温経済」は終わるのか

2月5日、1175ドル安という史上最大の下げ幅を記録したダウ工業平均株価。暴落はアジア、欧州に飛び火。世界的な好景気の終わりの始まりなのか。株、為替、原油までを緊急点検。