「フード産業」を人気業種にすることは可能か

クックビズが目指していることとは?

「飲食人」の志向に寄り添った情報提供を行うことで、強い支持を集めるクックビズ株式会社の藪ノ社長(写真:Signifiant)

「フード産業を人気業種にする」をビジョンに掲げ、飲食業界に特化した人材サービスを展開するクックビズ株式会社。世の中に人材サービスを展開する会社は数多ありますが、「飲食人」の志向に寄り添った情報提供を行うことで、強い支持を集めています。「日本の飲食は世界で勝ち続ける産業になれる」という信念をお持ちの藪ノ社長に、クックビズの人材サービスや「食」のSNSアプリ「Foodion」を通じた今後の可能性について、お話を伺います。事業の詳細については、「成長性に関する説明資料」をご参照ください。

2007年創業のクックビズ株式会社は、飲食業界に特化した人材サービスを提供する企業。大阪を中心に東京、名古屋に拠点を設けて、事業を展開中。『フード産業を人気業種にする』のビジョンの下、人材サービスのみに留まらず、様々な事業開発にも取り組み、SNSアプリ「Foodion」の提供や研修事業サービス「クックビズ フードカレッジ」も展開。2017年11月に東京証券取引所マザーズ市場に上場を果たし、今後も業界の発展に寄与すべく、積極的な事業展開を進めている。

未成熟な飲食業界の転職市場に狙いを定めた

朝倉祐介(シニフィアン共同代表。以下、朝倉):まずはクックビズがどのようなビジネスを手掛けているのかをお聞かせください。

当記事はシニフィアンスタイル(Signifiant Style)の提供記事です

藪ノ賢次(クックビズ代表取締役社長 CEO。以下、藪ノ):やっているのは飲食業界に特化した人材サービスです。会社を立ち上げたのは2007年で、その当時、医療や介護といった分野で特化型の人材サービスが活況だったんです。それを見て、他の分野でも特化型の人材サービスは出来ないかと考えました。「日本といえば食でしょ」という本当にシンプルな発想で、日本で飲食業界特化型の人材サービスを創れば、世界を狙えるサービスになるのではないかと思ったんです。

また、飲食業界の一番の課題は人だという考えも持っていました。飲食業界の人材サービス、というとアルバイト向け情報サービスのイメージが強いと思いますが、それに比べて、転職者向けの情報サービスはコンテンツが乏しかったので、そこで何か価値を提供できるのではないかと考えたんです。飲食業界の転職ではミスマッチが原因と考えられる離職が多かったので、まずは人材紹介というエージェントサービスによってミスマッチを防ぐことを考えました。

次ページ不満足な転職・採用を減らすこと
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国発 株価大波乱<br>「適温経済」は終わるのか

2月5日、1175ドル安という史上最大の下げ幅を記録したダウ工業平均株価。暴落はアジア、欧州に飛び火。世界的な好景気の終わりの始まりなのか。株、為替、原油までを緊急点検。