「第2、第3の噴火は起こり得る」気象庁が警戒

噴火が1回で終わるのは珍しいとしている

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

23日、群馬県の草津白根山が噴火し、訓練をしていた自衛隊員1人が死亡し、11人がケガをした。気象庁は、噴火が1回で終わるのは珍しいとして引き続き警戒を呼びかけている。

気象庁によると、草津白根山では24日午前10時から午前11時までの間に、地下の熱水などの動きを示す火山性微動が23日の噴火以降はじめて観測され、地震も起きているという。

気象庁は、「第2、第3の噴火は起こり得る」と説明し、警戒を呼びかけている。

気象庁・火山活動評価解析官「今一時的に(活動が)収まっている状況だと考えております。一般的に(噴火が)1回で終わることは非常に珍しいと考えるべき」

現場では、火山性微動が観測されたことを受け、逃げ遅れがないか確認する捜索隊が山頂付近の警戒区域から退避したという。

日テレニュースの関連記事
東京電力 冷え込み厳しく電力融通受ける
自宅に覚醒剤、鹿児島県の職員の男逮捕
湯につかるカピバラ 癒やし系の姿が人気に
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ライフ・シフト<br>学び直し編

人生100年時代は学び直しがカギだ。あなたに最適な「学び場」の見つけ方を紹介。短大教員でもある女優・菊池桃子さん、NHKアナから福祉施設職員に転身した内多勝康さんも登場。