節目は12月?米金融緩和縮小のタイミング

市場関係者が肩透かしを食らった9月の「現状維持」

世界中の金融関係者がかたずをのんで見守った9月18日のFOMC(米国連邦準備制度理事会)は、結局、現状の金融緩和維持。大方の市場関係者が予想した資産買い入れの縮小は見送りとなった。

「これはサプライズだ。あなたは今日、サプライズを狙ったのか」

FOMC後の会見では記者からこんな質問も出た。そう言われるのも無理はなかった。5月にバーナンキ議長が緩和縮小を示唆し、6月に「経済状況がFOMCの見通し通りならば」という前提で、「今年後半から資産買い入れのペースを減速し、来年半ばにも終了するだろう」と述べていたからだ。バーナンキ議長自身が縮小の可能性をにおわしてきただけに、「投資家は緩和縮小を予想していた。FED(米国連邦準備制度)は投資家を混乱させているのではないか」という記者もいた。

次ページなぜ見送った?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。