ネット通販の「包装箱」が見る華麗な進化の夢

老舗の包装企業はEC拡大を商機に変えるか?

百貨店のショッピング用紙袋は優れたデザインなのに、ECの段ボールは無味乾燥と決まっているのはなぜなのか(写真:saki / PIXTA)

ネット通販で注文をすると、無味乾燥な茶色の段ボールの包装箱に商品が入れられてくる。この地味な包装箱がカラー化したり、きれいなデザインや楽しい意匠が施されたりしていたら、驚くに違いない。

そんなサナギがチョウに変わるような劇的変化がいま包装箱に起ころうとしている――。

EC向け包装箱が急成長

流通小売業にとって、紙袋、包装箱などパッケージは、切っても切れない必須アイテムにほかならない。その包装用品を手掛けるのが、業界大手のザ・パック(東証1部上場)だ。

同社は板紙などを原紙メーカーから仕入れて、紙加工品として業務用に販売している。ショッピング用紙袋、包装箱など紙器では独自の商品企画提案力に特長があり、特に百貨店、専門店向けなどショッピング用紙袋で圧倒的なシェアを誇る。

ただ、主力のショッピング用紙袋は売り上げが横ばい。インバウンド(訪日外国人観光客)の「爆買い」が救いとなっているが、実店舗をベースとした国内消費は伸び悩んでおり、先行きのショッピング用紙袋への需要は頑張っても横ばいが精いっぱいというところだ。

こうした紙袋の伸び悩みを補って余りあるのが、EC(電子商取引)向けの包装箱需要の急成長だ。“消費不振”がいわれているがそれはリアル店舗ベースの話であり、ECのほうはありとあらゆる商品分野で広がりを見せている。バーチャル店舗での購入はむしろ“消費好況”という状況だ。

ザ・パックの場合、EC向けに紙器と段ボールを手掛けている。2016年12月期には紙器が7.4%増、段ボールが5.5%増とこれまでにない伸び率を達成。2017年12月期にも紙器で7%増、段ボールで3%増が見込んでいたが、旺盛な年末需要の伸びでやや上振れして着地した確率が高そうだ。

次ページ武器は「美しい」包装箱
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。