自動車メーカーがオートサロンに本腰のワケ

各社が「一般向け」狙いでカスタムカーを強化

マツダがスポーツカーのロードスターをレース向けにカスタムした「NRーA」(記者撮影)

マツダは先月発売した「CX-8」の車高やホイールをアレンジした特別仕様車や人気スポーツカーの「ロードスター」をレース向けにカスタマイズした「NR-A」を展示。マツダで用品企画を担当する山岡聖樹アシスタントマネージャーは「こういった場所で展示することで、カスタムの一案を提案している。ロードスター購入者は、こだわりを尽くしたい人も多い。ユーザーの大半が何かしらのパーツをカスタムしているのでは」と話す。

スズキが先月発売した新型「クロスビー」をカスタマイズしたコンセプトカー(記者撮影)

会場では、スマート「フォー・ツー」の特別仕様車や、スズキが先月発売したばかりの「クロスビー」をカスタマイズしたコンセプトカーなど、女性受けの良さそうなかわいらしいカスタムカーも目立った。自動車メーカーが発売直後、あるいは発売間近の新型車でカスタムカーを手掛けるのはここ数年の新しい動きとも言える。

アルパインもカスタムカーを独自開発

アルパインが手掛けたトヨタの主力車「プリウス」のカスタムカー。自社製品のカーナビやオーディオに加え、シートやライトなどの内装もカスタムしてある(記者撮影)

オーディオ用品メーカーのアルパインは、各社の主要ミニバンやSUVを買いあげ、独自開発して装備したカスタムカー「アルパインスタイル」を2017年から発表し、好評を得ているという。主力製品であるナビやオーディオ周りのみならずシートやライトなどの内装、エアロパーツ・ホイール・バンパーなどの外装パーツや、リアゲートの自動開閉機能などを、上級グレードではなくても追加できるようにすることが狙いだ。

「ファミリー層の使い勝手を考えた。アルパインならではの発想で攻める部分もありつつ、下品にならないようなバランスを考えている」(広報)といい、パーツからカスタマイズするのでも、自動車メーカーが販売するカスタムカーでもない、新たな視点を取り入れた第3の選択肢として、提案をしている。今年のコンセプトモデルは、左側のフロントバンパーにカメラを付けて死角の視界を補ったり、スピーカーにライトを付けたりと、新たな試みを追加した。

次ページモータースポーツの発信の場にも
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
決め手の新型車両を断念<br>迷走する長崎新幹線

2022年度の開業を控える長崎新幹線。九州西端に位置する長崎は交通の便の悪さに苦労しており、開業への期待が大きい。しかし、JR九州が新型車両導入を断念。博多直通が暗礁に。