日本電産の東洋電機TOB提案、裏側には永守流“したたかさ”も

日本電産の東洋電機TOB提案、裏側には永守流“したたかさ”も

東洋電機製造に対するTOB(株式公開買付)を通じて、鉄道機器用モーターに本格参入をもくろむ日本電産。16日に行われた会見で、日本電産の永守重信社長は「鉄道機器事業は非常に将来性が高いビジネス」と、マーケットの高い将来性を参入の理由としてあげた。

日本電産は、世界の鉄道市場が約16兆円、その部品市場が約4兆円と試算している。既存マーケットが巨大なだけでなく、「石油価格の高騰や環境問題への対応で、鉄道モーターの必要性が前倒しのところにきている」と永守社長は説明する。欧米の車両メーカーを中心に環境面への対応が急速に求められていることから、同社が手掛ける省エネタイプのモーター(=ブラシレスモーター)の参入余地が充分にあると見ているようだ。また、同社は現在自動車分野の事業を拡大していることもあり、「自動車と鉄道分野の技術が共有できる」と、技術面でもシナジー効果があると判断した。
 
 永守社長は鉄道モーターに10年以上前から興味を持っていたが、鉄道分野への参入は当面先になるとの見方があった。6月24日に開催された株主総会後の記者会見でも次のように語っている。「(売り上げ目標を2012年度3500億円とする)自動車分野の育成が先決。鉄道分野への参入は、その後になるでしょうね」。

では、なぜ、このタイミングで東洋電機製造に買収を提案したのか。永守社長は16日の会見で「タイミングについては、いい時期にきている」とした。この言葉の真意は、東洋電機側の環境に隠されている。

東洋電機は原材料価格の高騰などにより収益力が低下している。目下のところ、今09年5月期を最終年度とする中期経営計画を進行中だが、計画目標である営業利益45億円には大きく届かない厳しい状況だ(営業利益は08年5月期実績が13.9億円、09年5月期会社予想が20億円)。3年前には800円を超えていた株価も業績と並行して下降線の一途で、12日時点では終値305円と低迷していた。

日本電産は今回のTOB価格を305円から2倍以上の635円に設定しているが、全株式を取得しても約300億円に過ぎない。業績が絶好調のうえ、手元資金1000億円を誇る同社にとっては、「安い買い物で、株価の低い今が買い時」と判断したとしてもおかしくはないだろう。

マーケットの流れを見据えながら、買収側の経営環境を的確に見極める。今回の買収提案の裏側には、永守社長流の“したたかさ”が隠されている。

(梅咲恵司 =東洋経済オンライン)

>>>関連記事 日本電産の東洋電機TOB提案、買収方針に大きな変化

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。