タイ首相が会見に「等身大パネル」を置くワケ

厄介な質問をかわすため「質問は彼に」

1月9日、タイのプラユット首相は8日の会見後、スーツ姿の自身の等身大パネルを運び込み、記者らに「彼に聞いて」と言ってその場から立ち去った。提供写真(2018年 ロイター/Dailynews)

[バンコク 9日 ロイター] - 短気で知られるタイのプラユット首相は、記者からの厄介な質問をかわすため、自らの等身大パネルを立たせておくという斬新なアイデアを思い付いた。

今月13日の子どもの日を前に、スーツ姿のほか、伝統的な民族衣装やスポーツウエア姿など17体の等身大パネルが首相府のまわりに設置された。

子どもの日には、軍の施設を子供たちに開放するが、首相府も公開され、招かれた子供たちは首相の執務デスクに座ってみるという体験もある。

8日、首相は短い会見を行ったあと、スーツ姿のパネルを運び込み、記者らに「彼に聞いて」と言ってその場から立ち去った。

国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチは、この等身大パネルについて、首相の「メディアからの批判を軽視する姿勢の表れ」だと批判した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ライフ・シフト<br>学び直し編

人生100年時代は学び直しがカギだ。あなたに最適な「学び場」の見つけ方を紹介。短大教員でもある女優・菊池桃子さん、NHKアナから福祉施設職員に転身した内多勝康さんも登場。