京都市伏見区の路上で2人が刺されて1人死亡

出頭してきた男を殺人未遂容疑で逮捕

男性2人が刺された現場周辺を調べる捜査員ら(31日午後5時14分、京都市伏見区で)=長沖真未撮影

31日午後3時頃、京都市伏見区肥後町の路上で、「男性2人が刺されている」と110番があった。

京都府警伏見署員が駆けつけると、男性2人が血を流して路上などに倒れており、病院に運ばれたが、右胸を刺された大津市木戸の猪飼(いかい)将希さん(27)の死亡が確認された。もう1人の同市の男性(45)は腕などを切られ、重傷。刺した男は刃物を持って逃げたが、同日夜、大阪府警四條畷(しじょうなわて)署に出頭し、京都府警が殺人未遂容疑で緊急逮捕した。

男は、京都市伏見区の中村正勝容疑者(50)。「刃物で人を刺した」と容疑を認めているという。府警は殺人容疑でも調べる。

発表では、猪飼さんら2人を含む男女数人が31日、ワゴン車で現場前にある中村容疑者のマンションを訪問。猪飼さんが車から降りたところ、中村容疑者からいきなり包丁のような刃物で切りつけられた。現場には猪飼さんらのワゴン車が前部のへこんだ状態で止まっており、車内には血痕があった。

府警によると、猪飼さんらと中村容疑者は顔見知りで、人間関係のトラブルがあったという。

現場は、JR京都駅から南に約5キロの住宅街。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。