韓国サムスン、「3本の矢体制」へ布石?

グループ内で事業再編、71歳李会長から子供へ権力移譲も

韓国メディアなどの下馬評によれば、李在鎔氏は実質的後継者としての地位を保ちつつ、サムスン電子とサムスン生命を引き受ける可能性があるという。また、李富眞氏はホテル、免税店、レジャーや消費財部門を担当し、李叙顕氏は素材専門企業となった第一毛織と広告業の第一企画、サムスン石油化学などを引き受けるだろうと見ている。

後継体制の中核は長男・李在鎔氏だが…

ただ、サムスンエバーランドの大株主である李在鎔氏がグループ支配をどこまで強化できるかは不透明と、前出の石田氏は指摘する。「李在鎔氏はこれまで目立った実績がない。短期間でどこまで周囲が納得できる成果を出せるかどうか。すでに多くの専門経営者が育っているサムスン電子のなかで、創業者三代目というだけで専門経営者の上に立てるかどうか」と見る。

一方、長女の李富眞氏は、ホテル新羅の社長として大きく売り上げを伸ばすなど目立った実績を上げており、「経営手腕は三兄妹で断トツ」という評価もある。彼女の今後の動きも、後継体制に強い影響を与えるだろう。「サムスンがくしゃみをすれば、韓国経済は風邪をひく」と言われるほどの影響を持つサムスングループが、今後も安定した経営を続けることができるかどうか。そのための後継体制は重要な関心事となりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。