2018年「IPO」予想、期待はメルカリにQBハウス

2017年は最後に大物が駆け込んできた

12月13日に上場したSGホールディングスは2017年最大のIPOとなった(撮影:梅谷秀司)

2017年は最後に大物が駆け込んできた──。

佐川急便を傘下に持つSGホールディングスは12月13日に東証1部に上場。調達額は1276億円と、2017年のIPO(株式新規公開)で唯一、1000億円を超えた。

12月の「駆け込み上場」はSGのほかにも多い。株式市況の好調を追い風に2016年12月の14社から1.5倍以上の23社が上場する予定だ。2017年全体の新規上場は12月末までに90社となる予定で、2016年比で7社増加した。

公開社数増でも調達金額は減少

調達額は前年の約8360億円から約6470億円と2015年から2年連続で減少する見通しだ。ただし調達額の落ち込みは、2015年の日本郵政グループ3社(調達額1兆4362億円)、2016年のJR九州(同4160億円)といった民営化の超大型案件が2017年にはなかったことが大きな要因。

その影響を除けば2017年も活況が続き、「個人投資家の資金がIPO銘柄に集中的に向かった」(IPOジャパンの西堀敬編集長)。

では、個別銘柄のパフォーマンスはどうだったか。今回、東洋経済は12月14日までに上場した企業の初値と14日終値から騰落率を算出。銘柄の「勝敗」をランキングにまとめた。

次ページこれが2017年の騰落率ランキングだ!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
決め手の新型車両を断念<br>迷走する長崎新幹線

2022年度の開業を控える長崎新幹線。九州西端に位置する長崎は交通の便の悪さに苦労しており、開業への期待が大きい。しかし、JR九州が新型車両導入を断念。博多直通が暗礁に。