性暴力加害者の「歪んだ認知」は変えられるか

再犯防止はいかになされるべきか

性犯罪の場合、加害者にとって都合のよい思考パターンがもとになっていることがある。例えば女性が拒否をしていても「嫌よ、嫌よも好きのうち」などととらえてたり、2人きりで部屋に入ったら、性行為も同意したと思い込んだりする。

親密な間柄であっても、性暴力に結びつかない関係になるように、対人関係の築き方を学ぶ時間もある。また性犯罪の背景にはストレス要因があるため、悲しみや怒りといった感情を統制する訓練もしていく。

数字が裏づける加害者更生の効果

さらに、リスクが高い受刑者には、被害者の心情を理解するプログラムが用意されている。

「被害者の手記を読みます。こうしたプログラムは薬物や暴力の事犯でも取り入れていますが、性犯罪でも効果があります」(成人矯正課、以下同)

これは全国19施設で実施され、受刑者の必要なタイミングで受講する。期間は3段階に分けられ、リスクが最も高い場合は8カ月、最も低い場合でも3カ月といった具合だ。

「(刑罰の重さなど)罪名だけに再犯のリスクが表れるわけではありません。事件ごとに、個別に判断したり、加害者の生活歴を考慮したりします」

再犯抑止効果は数字にも表れている。プログラム受講者の再犯に関する報告書(’12年)によると、出所者2147人のうち、受講人数は約半数の1198人。3年以内の、性犯罪以外も含める再犯者は423人。性犯罪のみの再犯は224人で、およそ1割だ。

「再犯した場合、再度プログラムを受けることになりますが、焼き直しは意味がないため、不足している部分を重点的に行います」

仮釈放や保護観察期間の場合はどうか。仮釈放の期間が3カ月以上なら受講義務がある。保護観察中の者を含み、2週間に1度、5回のセッションを行う。刑務所内と違いリスクの程度にかかわらず同じ内容だ。

「刑務所内で受けてきたという人もいますが、所内には被害対象となる女性がいません。机上で考えていることと、生活の中でコントロールできることは別です」(保護局監察課)

受講の結果、再犯率(最長4年以内)にも改善が見られるという。法務省の分析(’12年)によると、仮釈放者の再犯率は、受講者では22.6%と、受講していない場合の30%を下回った。保護観察付き執行猶予者でも、受講者は22%で、受講していない場合の35.6%を下回っている。

次ページ全体の再犯率より低いものの
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
マイクロソフトの蘇生力

創業43年のマイクロソフト。日進月歩のIT産業では古株。もはや時代遅れとの声も聞こえていた同社があらためて評価されている。革新をやめないテックの巨象をリポート。