ゲイの父親とパートナーが教えてくれたこと

孫の卒業式で泣く「おじいちゃんズ」の愛情

「でも私も、父にひどいことを言ってしまったことがあります。『みんながお父さんのこと、ホモだって言ってるよ!』って。当時はゲイなんていう言葉は使われていなくて、そういう差別語で言ってしまった。父親が、えらくぎょっとした顔をしたのを覚えています。

それは今でも、悪かったなぁと思います。自分も親になってみると、そう言われたらつらいと思うんですよ。親は『子どもにかわいそうなことをしちゃったな』って思うだろうな、と思うと、父親にそういう思いをさせてしまったことが、悪かったなぁって……」

子はどこまで親に対して愛情深いのか。晴子さんだけではありません。親の立場で話を聞いていて、どきっとするところです。

「実は今でも、父親のセクシャリティ(性的指向)についてちゃんと言葉で説明を受けたことはないんですよ。代わりに父親は、自分のパートナーシップのあり方を、日常的に見せてくれました。意図的にそうしたのか、たまたまそうなったのかわかりませんが、そういう形で、実質的な説明責任を果たしてくれたんです」

どういうことかというと、シングルマザーとなった晴子さんの子育てに、父親と今のパートナーが、全面的にかかわってくれた、というのです。

世間様が認める形でなくても幸せになれる

「私はふたりのことを“おじいちゃんズ”って呼んでいるんですけれど(笑)、おじいちゃんズがしょっちゅう、孫をみにきてくれたんです。私は息子が3歳くらいのときに離婚してひとり親になったので、すごくありがたかった。

家事を手伝ってくれたり、みんなでごはんを食べたり、息子をふたりで旅行に連れていってくれたり。息子もふたりのことが大好きで、いつも3人でくっついている。

そういうなかで自然と、ただのカップルとしてやっている父親たちをみていると、『いいな』と思うわけですよ。ふつうにパートナーなんです」

その感覚は、よくわかる気がします。私も初めて同性カップルと会ったときは、ちょっと不思議な感じがしたものですが、友達が増えて見慣れてくるうちに、なんとも思わなくなりました。

ひとり親の子育ては精神的にも体力的にもきついものですが、そこを助けてもらえたのは、どんなにありがたいことだったか。その救世主が妻×夫だろうが夫×夫だろうが、晴子さん親子にとっては何も変わりませんでした。

次ページダウン症の息子との暮らし
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
マイクロソフトの蘇生力

創業43年のマイクロソフト。日進月歩のIT産業では古株。もはや時代遅れとの声も聞こえていた同社があらためて評価されている。革新をやめないテックの巨象をリポート。