AI半導体「エヌビディア」は何がスゴいのか

トヨタやコマツが頼る新たな巨人の実力

エヌビディアのAIコンピューターを搭載した、自動運転車のプロトタイプ。トヨタ自動車やアウディなど世界の大手が注目する。鮮やかな緑は企業カラーだ(記者撮影)

トヨタ自動車、ホンダ、ソニー、ファナック――。名だたる日本企業が熱い視線を送る企業がある。米半導体大手のエヌビディアだ。

AI分野をリードする企業として、エヌビディアは今、半導体業界で最も注目を集める存在だ。株式時価総額は12月15日時点で1160億ドル(約13兆円)で、2017年初から倍増した。日本からはソフトバンクグループが出資している。

同社が長年テレビゲーム向けに開発してきた「GPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット)」とよばれるチップが、AIの処理に適していることがわかり、世界では200社以上もの製造業と提携。さまざまな分野でAIの活用が進んでいる。

12月中旬、4000人を超える技術者たちが東京・お台場のホテルに詰めかけた。エヌビディアはここで開発者向けイベント「GTC Japan 2017」を開催。冒頭の大手企業の幹部などが、70を超える講演で登壇し、エヌビディアとの取り組みについて語った。

「自動運転時代は100年以内に来る」

「今後AIの活用が進むことで、自律型マシンの時代が到来する」。今回のイベントに合わせて来日したジェンスン・フアンCEOは、基調講演でそう語った。

エヌビディアのジェンスン・フアンCEOは、自動運転時代に自社のチップが強みを発揮できると自負する(記者撮影)

たとえばトヨタは、自動運転車の頭脳にエヌビディアのスーパーコンピュータ「ドライブPX」を採用。実際にどの車種にいつ頃搭載されるのかは明らかでないが、自動運転に欠かせないといわれるAIの部分で、共同開発を進めている。

トヨタ以外にも、エヌビディアは米EVメーカーのテスラ、独高級車大手のアウディとも次々に協業を進め、ハンドルがいらない「レベル5」の完全自動運転に対応するAI搭載コンピュータも発表している。

フアンCEOは、「自動運転車はコンピューティング史上、もっと偉大なチャレンジだ。将来の車は、移動手段ではなく、リラクゼーションとエンターテインメントの場になる。車産業全体のビジネスモデルも変わる」と胸を張った。

その時代が来るのは意外に早いかもしれない。「間違いなく100年以内だ。道を走行する車が増えるほど、より多くのエンジニアがソフト開発に携わり、開発スピードは上がっていく」(ファンCEO)。

次ページある大手企業と新たに提携
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビットコイン 天国と地獄

乱高下を繰り返すビットコイン。資産1億円を達成した「億り人」が生まれる一方、含み益が瞬間蒸発した投資家も。ブームの実態に迫る。口座開設から購入、課税までも丁寧に解説。