合格しても登録なくして業務は開始できない

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第74回)

4度目でつかんだ栄冠

2007年1月末、いよいよ4回目の行政書士試験の結果発表がありました。前年11月の試験の手応えはよかったものの、記述式の部分点に結果は左右されるため、恐る恐る合否通知書を開けると「合格」の二文字が目に飛び込んできました。思わずガッツポーズです。

行政書士試験の合格基準点は例年、試験全体の得点が300点満点中180点以上、かつ最低基準として法令等科目が244点満点中122点以上、一般知識等科目が56点満点中24点以上の者です。

したがって社労士試験のように、年度の難易度のバラツキによる基準点の上下、科目別の最低基準の救済はありません。全体の6割以上、かつ最低基準として法令等科目の5割以上、一般知識等は5肢択一式14問中6問以上が毎年の合格ラインです。

しかし、全体の2割と配点の高い法令等科目の記述式の採点で何点がつけられるかが、実質はその年度の救済になっているという指摘もあります。

私の得点は総得点が186点でなんとかセーフ、法令等科目の合計は150点、一般知識等科目は36点でした。前々年の3回目の試験では40点を獲得し、総得点を押し上げた記述式がたったの16点と冷や汗ものの合格でした。結果的には記述式以外の点数がよかったことと、悪かった記述式で少しでも部分点が取れたことが合格に結び付きました。

次ページ合格の喜びもつかの間
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。