ロシア選手団、平昌五輪への参加認められず

選手個人は限定条件で参加は認められる方針

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

IOC(=国際オリンピック委員会)は5日、ロシアが組織的なドーピングを行っていたなどとして、ロシア選手団の平昌オリンピックへの参加を認めないことを決めた。一方、選手個人の資格での参加は認められるとしている。

IOCは5日、スイス・ローザンヌで理事会を開き、ロシアが組織的なドーピングと隠ぺいを行っていたと認定。ロシア・オリンピック委員会を資格停止とし、ロシア選手団の平昌オリンピック参加は認めないことを決定した。

IOC・バッハ会長「個人の資格で出場する選手は、個人もしくは団体の競技で、ロシア出身の『オリンピック選手』として参加する」

その一方、これまでにドーピングで失格していないことや、反ドーピング機関が推薦する検査の実施を条件に、選手個人資格での参加については道を残している。ただ、その場合でも、ロシアの国旗掲揚や国歌の演奏は行わず、ロシア代表のユニホームを着用しての競技参加などは認められないとしている。

今回の決定について、女子フィギュアスケートの金メダル候補・メドベージェワ選手が取材に応じた。

メドベージェワ選手「(Q:オリンピックに行きたいか?)その質問は早すぎます。私が約束できるのは、こうした状況でも全力を尽くしてがんばることです」

メドベージェワ選手は個人資格でオリンピックに参加するか明言を避けた。

日テレニュース24の関連記事
即位日5月1日“祝日か休日に”政府が検討
エルサレムを首都と認め米大使館を移転へ
岩手・岩泉町長、女性記者にわいせつ行為
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ネット広告の闇

世界最大の広告主・P&Gがネット広告を減らしている。トンデモサイトへの「知らぬ間出稿」でブランドを毀損したトヨタ、JAL、富士通…疑問と批判が噴出。ネット広告の問題点に迫る。