小田急新型ロマンスカー「GSE」はここが凄い

愛称のGは「優雅さ」のGracefulから

窓ガラスの面積がVSEよりも広がった展望席(記者撮影)

VSEと並ぶ観光特急の新たなフラッグシップ車両として、デザイン面で特に重視されたのは眺望性。先頭車のフロントガラスは1枚の大型曲面ガラスで、高さ方向をVSEより30㎝広げたほか、柱の位置も工夫し、展望席からは遮るもののない前面の眺めを楽しめる。さらに、先頭車は「すべての座席が展望席」となるよう、座席上の荷棚をなくして車内を見通せるようにした。側面の窓もVSEやMSEより高さを30㎝広げた1mに拡大し、一般座席からの眺望も広がった。

岡部氏は「先頭は特に力を入れたところ。LSEが持っていた特徴を現代風に置き換え、運転室もVSEより広げて訓練などもしやすい形にしており、VSEよりも少しボリューム感のある先頭形状になった」と語る。

荷物の収納にも工夫が

座席の頭上に荷棚がなく広々とした先頭車の車内(撮影:梅谷秀司)

岡部氏が内装で「大きなポイント」と語るのが、荷物の収納に関する部分だ。

大きな荷物を持った訪日外国人観光客などの利用を考え、4号車を除く各車両のデッキ部付近には大型スーツケースなどを収納できるスペースを設置。座席も国内線機内持ち込みサイズの荷物を下に置ける構造で「荷棚の上に重い荷物を持ち上げることなく収納できる」(岡部氏)という。

また、各座席には電源コンセントを備えたほか、車内専用のWi-Fiにより、8言語に対応した独自コンテンツをスマートフォンなどに配信するサービスも行う。

観光特急としての「優雅さ」とともに、通勤特急としての使い勝手も考慮された。ロマンスカーは年間約1300万人の利用があるが、この多くを占めるのは沿線住民による日常利用。定期券でも乗車できることから、夕方~夜の帰宅時間帯には「座れる通勤列車」としての利用が定着している。さらに、70000形がデビューする来春のダイヤ改正では、複々線化の完成によって朝ラッシュ時にも特急が増発され、新たに「モーニングウェイ号」の愛称で運転を始める。

次ページ観光だけでなく通勤特急にも
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
J.フロントの財務改革<br>「店舗BS」の威力

「店舗BS(バランスシート)」を導入し、傘下の大丸、松坂屋で改革を進めるJ.フロント。不動産事業強化で「脱百貨店経営」に突き進む。山本社長は「大転換期。資産効率を高める」と語る。