10代援交女子が「死にたい」から抜け出たワケ

「死に方教えます」DMを受け取った少女たち

中学2年、13歳で援交生活が始まった。援助交際はよくないとわかってはいたが、ツイッターで男たちと出会うことで、何かを吐き出し自分を支えていたのかもしれない。

ツイッターで「今夜、A駅近くにいます」とつぶやくと、「会いたい」とDMがいっぱい舞い込んだ。中学生と書くと相手にしてもらえないから、年齢は「10代」とぼやかした。

「もともと純粋だったんですよ。処女は好きな人にあげたいって思っていた。それが知らない人になるなんて」

最初の相手は「40代半ばのおじさん」だった。

「そういうことの所作も知らないし。驚いたけど。乱暴? いえ、いえ、丁寧でしたよ」

彼女が「お仕事」と表現する援交は、17歳になる高校2年まで「カウントできないくらいやった」。月の収入は平均すると10数万円。1回6万円が最高額。2000円の人もいた。

「給料日がまだだからこんくらいしかあげられない。ごめんね」。そう言われると(しょうがねーな)と胸の中で毒づいたが、ニコニコしながら「全然大丈夫ですよ」と返した。

「そういうもんですよ(笑)。男の人は私の年齢とか聞かなかったですね。精力剤みたいな薬を飲んでいる人もいました」

「死にたい」と文字にすると、安らいだ

そうした中、中学3年のときに「死に方教えます」と書かれたDMが舞い込んだのだった。

「家がつらすぎて……。死にたいって何度も思った。ツイッターにも書きました。でも、それは別に誰かにかまってほしいわけじゃなかった。口に出せないから、書くだけ。発したいだけ。死にたいって、文字にすると、なんか安らいだんです」

かまってほしいわけじゃない。だから無視できたのかもしれない。

「何、これ?って。スルーしました。でも、もし行ったら、座間のような事件に巻き込まれたかもしれない」

彼女がサバイバルできたのはなぜか。1つは、彼女には生きづらさから「逃げる場所」が存在した。

次ページ1人で自分を支えきれなくなったら…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
サウジで要人大量逮捕<br>背景に皇太子の危機感

日本の最大の原油輸入相手国、サウジアラビアで政変が起きた。現国王の息子であるムハンマド皇太子が主導し、王族や実業家などを含む200人以上の要人を逮捕。日本への影響は?