フィリピンの学生が全裸で疾走したワケ

ドゥテルテ大統領の残虐行為に抗議

 12月1日、フィリピンの学生クラブが全裸で疾走する毎年恒例のイベントを開催、今年はドゥテルテ大統領による残虐な対麻薬戦争や、南部でのイスラム過激派との戦闘における戒厳令発動への抗議を行った(2017年 ロイター/Dondi Tawatao )

[マニラ 1日 ロイター] - フィリピンの学生クラブが1日、全裸で疾走する毎年恒例のイベントを開催、今年はドゥテルテ大統領による残虐な対麻薬戦争や、南部でのイスラム過激派との戦闘における戒厳令発動への抗議を行った。

イベントでは、学生友好団体「Alpha Phi Omega」の男子学生らが、裸にマスクと頭巾を付けた姿で「戒厳令を解除せよ」、「殺人を止めろ」などと書かれたプラカードを掲げて校内を疾走した。

同団体は、今年の抗議テーマを選んだ理由を問われ「社会では暴力が激化しており、我がクラブは数千人が死亡している事態を無視できない」と語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
本気になった富士フイルム<br>不正会計を機に大手術

「経営者に大事なことは、ピンチをチャンスに変えること」と語る古森重隆会長。富士ゼロックス海外子会社の不正会計発覚後、親会社の富士フイルムHDは関与を強め、出直しを図る。