発表!全国21都市「市民の地元愛」ランキング

福岡市は「知人にお勧め」でぶっちぎりの1位

最後は、他人にお勧めできるかどうかのランキングを見ていこう。

愛着はないけど「お勧め」できる東京都区部

「お勧め度合い」に関するランキングについて、先に述べた「愛着」のランキングは低いものの、「誇り」、「お勧め度合い」のランキングで順位を上げている「東京都区部」「川崎市」「さいたま市」に注目する。区民、市民が愛着は持っていないけれど、友人や知人にお勧めできるという都市である。

東京都区部(愛着12位⇒誇り9位⇒お勧め度8位)、川崎市(愛着16位⇒誇り14位⇒お勧め度11位)、さいたま市(愛着20位⇒誇り18位⇒お勧め度14位)に共通している事項としては、都市のイメージとして共感できるキーワードでのランキングで、「便利」の順位が大変高くなっている。

また、「アフターファイブを楽しむ」「いろいろな人と交友を深める」「デートをする」の観点では、市民としてお勧めできていないことが、同調査の他の項目から分析できる。

住んでいるまちでの交流や、住んでいるまちを楽しむことよりも、その利便性を生かして、他のまちへ移動して楽しんでいる印象が調査からみてとれる。まちへの帰属意識が低く、愛着が育まれにくいこととも考えられる。

東京都区部の区民については、まちを楽しんでいないと言われると違和感があるかもしれないが、同調査においては、あくまで暮らしているまちに関して聞いていることから、まちを区単位で認識している可能性も考えられる。たとえば、葛飾区に住み、渋谷区で働いたり遊んだりしている人については、暮らしているまちを葛飾区の範囲で考え、回答している可能性が高い。

お勧め度合いが高い一方で、愛着が低いことから、お勧めを受けて入ってくる人が多い半面、まちに根付いた生活をしていないため、簡単に流出してしまう可能性もある。このような都市においては、まちでの交流機会を増やす仕掛けをつくり、地元意識を高め、愛着を育むことが重要である。愛着が育まれることで、お勧め度合いのランキングがもっと上がる可能性がある。

次ページぶっちぎりトップは「福岡市」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?