「国家核武力の完成」金委員長宣言を重大報道

朝鮮中央テレビ「アメリカ全土を攻撃できる」

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

北朝鮮の朝鮮中央テレビは29日午後、「アメリカ全土を攻撃できる新型のICBM(=大陸間弾道ミサイル)の発射実験に成功した」と発表し、金正恩委員長が核武力の完成を宣言したと伝えた。韓国・ソウルから藤田記者が中継。

ミサイル開発に突き進む北朝鮮は、悲願としていた、アメリカの首都を攻撃可能な核ミサイルが完成したと主張した。

朝鮮中央テレビは日本時間の午後0時半、重大報道を行い、金委員長の立ち会いの下、新型のICBM「火星15型」の発射実験に成功したと発表した。

朝鮮中央テレビ「朝鮮労働党の政治的決断と戦略的決心によって、新たに開発されたICBM『火星15型』の発射実験が成功裏に行われた」

火星15型はアメリカ全土を攻撃できる超大型の核弾頭を搭載可能で、今年7月に2回発射実験が行われた「火星14型」より優れ、ミサイル開発の完成段階に到達したとしている。火星15型の発射が伝えられたのは初めて。

重大報道では、金正恩委員長が「今日ようやく国家核武力の完成という歴史的偉業が実現した」と誇り高く宣言した、と伝えた。

北朝鮮は、国家的な目標としていたアメリカの首都を核攻撃可能なICBMを完成させたと主張したことになる。

日テレニュース24の関連記事
日馬富士の会見をノーカット配信 1/3
松前沖に木造船 上空から乗組員7人確認
「松橋事件」地裁に続き高裁も再審認める
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?