韓国への団体旅行禁止、中国が一部解除へ

アシアナ航空株上昇、「許されない財閥」も?

 11月28日、中国政府は、北京と山東の旅行会社に対して、韓国への団体旅行の販売再開を認めると明らかにした。写真は2016年2月、ソウルのロッテ免税店で現金を支払う中国人旅行者たち(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 28日 ロイター] - 中国国家観光局は、北京と山東の旅行会社に対して、韓国への団体旅行の販売再開を認める方針。韓国の聯合ニュースが28日、業界関係者の話として伝えた。

同関係者によると、団体旅行の禁止措置はその他の地域では当面継続され、徐々に解除される見通しという。

ソウル株式市場では、禁止措置解除の恩恵を受けるとみられる企業の株価が上昇。アシアナ航空<020560.KS>は3.4%高、ホテル新羅<008770.KS>は3%高。カジノ運営のパラダイス<034230.KQ>は4%高。

中国政府は、韓国が米軍の高高度防衛ミサイルシステム(THAAD)を配備すると決定したことを受けて、今年3月から韓国への団体旅行を禁止していた。

同報道によると、北京と山東の旅行会社は、ロッテグループのホテル部門と免税店に関しては韓国への団体旅行に含めないよう求められているという。

ロッテはTHAADの配備場所を提供したことで中国で苦境に立たされている。

また、韓国観光公社の当局者も、北京と山東の旅行会社が韓国への団体旅行の販売再開を一部認められると明らかにした。

韓国旅行のオンライン販売やチャーター便、クルーズ便は引き続き禁止されるという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ネット広告の闇

世界最大の広告主・P&Gがネット広告を減らしている。トンデモサイトへの「知らぬ間出稿」でブランドを毀損したトヨタ、JAL、富士通…疑問と批判が噴出。ネット広告の問題点に迫る。