バリ国際空港、火山灰影響で閉鎖時間を延長

近隣の州などで10カ所の代替空港を用意

 11月28日、インドネシア運輸省は、バリ島のアグン山噴火による火山灰の影響で、同島のイ・グスティ・ングラ・ライ国際空港の閉鎖を現地時間29日午前7時まで24時間延長すると明らかにした。噴煙の上がるアグン山を見る地元住民。バリ島で撮影(2017年 ロイター/Darren Whiteside)

[ジャカルタ/アメッド(インドネシア) 28日 ロイター] - インドネシア運輸省は28日、バリ島のアグン山噴火による火山灰の影響で、同島のイ・グスティ・ングラ・ライ国際空港の閉鎖を現地時間29日午前7時まで24時間延長すると明らかにした。

現地の航空管理当局からの報告では「航空便の航路が火山灰で覆われている」という。

国内便の迂回のため近隣の州などで10カ所の代替空港が用意されている。

アグン山は近く、54年ぶりの大規模な噴火を起こす可能性があることから当局は27日、近隣住民10万人に直ちに避難するよう指示した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
J.フロントの財務改革<br>「店舗BS」の威力

「店舗BS(バランスシート)」を導入し、傘下の大丸、松坂屋で改革を進めるJ.フロント。不動産事業強化で「脱百貨店経営」に突き進む。山本社長は「大転換期。資産効率を高める」と語る。