大成ユーレックの賃貸経営が選ばれる理由

PC工法と総合力でオーナーをサポート

1963年、大成建設の住宅建設部門より分離独立し創業した大成ユーレック(旧社名:大成プレハブ)。賃貸マンション、社宅、学生寮、老人ホームなど集合住宅を専門とする建設会社だ。賃貸事業では事業計画立案から設計・施工、建物修繕までの一貫したサービスに加えて一括借上げメニューもある。最近の賃貸、社宅の旺盛な需要も相まって業績を伸ばしている。

入居者に選ばれ続ける賃貸住宅に欠かせないポイントとは何だろうか。さまざまな点が挙げられるが、何よりも建物自体の基本性能は外せない。そこで土地オーナーが注目したいのが、大成ユーレックの「壁式PC(プレキャスト鉄筋コンクリート)造」による賃貸住宅だ。

画像を拡大
デザイン性が高いことも入居者に選ばれるポイント

壁式PC造は耐震性が高いことが大きな強みで、阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震でも実害はゼロだったという。さらに鉄筋コンクリート造のため、耐火性も高く、外部や上下階の音が気にならない遮音性も兼ね備えている。また室内に柱型や梁型がないため使い勝手が良く、快適性の面からも入居者の満足度は高い。

そして壁式PC造は品質が安定していることも特長の一つだ。壁や床、屋根などの鉄筋コンクリート部材は、同社の工場で徹底した管理のもと製造されている。さらに工場と作業所で工事を同時進行するため、工期が短くなりコストの削減も実現。設計期間を含めると、一から現場で作業を行う在来工法よりも、約2.5カ月も短縮できるというから驚きだ。これにより賃貸事業を早期にスタートさせることが可能となる。オーナーにとってもメリットが大きい建物だ。

自社工場での製造のため高い品質が保たれる壁式PC造

同社では中層の3〜5階マンション「パルローグχ(カイ)」を主力として展開しており、1棟十戸程度から数百戸まで、自宅併用も含めさまざまな集合住宅に対応している。大成建設グループならではの高い技術力はもちろんのこと、数多くの集合住宅建設を手がけているため、つねに入居者ニーズを把握しており、バランスの良い設備や仕様の提案が可能だ。

同社のもう一つの大きな特長は、総合的な賃貸経営のサポートも手掛けていること。市場性を調査し、オーナーや地域のニーズに合ったプランを作成・提案。家賃の自動算定システムを取り入れた一括借上げのほか、管理会社・メニューのマッチングにより安全確実な賃貸経営のサポートを実施している。竣工後は、1年、2年、5年、10年目に無償で建物点検を行い、「建物を50年以上使ってもらう」という姿勢のもと、手厚いメンテナンスフォローをしている。ここでも賃貸経営の視点にたち、個別の修繕のほかに資産価値維持のための提案、あるいは入居率回復のための改修工事など、数多くの集合住宅建設の実績を生かした対応を行っている。

これらの実績から最近は賃貸住宅だけでなく、法人から社宅、学生寮についての引き合いも多くなってきているという。基本性能に優れ、耐久性の高い建物だからこそ、可能になる長期安定経営。大成ユーレックのPC工法と総合力は、土地オーナーにとって大きなサポートとなるだろう。

資料請求
お問い合わせ
大成ユーレック株式会社
  • 〒141-0031東京都品川区西五反田7-23-1第3TOCビル内
  • フリーコール 0120-41-2082
関連ページ
住宅の評価基準が変化する時代へ