アバの「ショービジネス」の集客が凄いワケ

日本にないエンターテインメントがあった!

拡大するアバの解散後ビジネスの中でも特徴的なのが「マンマ・ミーア!ザ・パーティ」だ(写真:著者撮影)
北欧の福祉国家という印象が強いスウェーデン。国の人口は日本の10分の1以下というこぢんまりした国だが、ノーベル賞をはじめ、新しい文化、産業を生み続ける国でもある。そして特筆すべきものの1つが、世界的アーティスト・アバを生んだことだ。
1970年代にキャッチーなメロディと美しいハーモニーで、世界中を魅了した男女4人組ポップグループ。1982年に活動を休止してからすでに35年が経過しているが、過去記事でもご紹介してきたように解散後ビジネスを拡大させている。
そのビジネスの中でも代表的なものの1つが複合型エンターテインメント・ショー「マンマ・ミーア!ザ・パーティ」。今回の記事では、あまり知られていないその現状を徹底リポートしたい。

「マンマ・ミーア!」の舞台を再現

この連載の一覧はこちら

ストックホルムの市街地からフェリーで5分。ユールゴーデン島の乗り場に着いてすぐのところに、スウェーデン最古の遊園地「Gröna Lund(グローナルンド)」がある。31のアトラクションを有し、年間150万人が訪れる人気スポットだ。

敷地内にある野外ライブ会場も有名だ。毎年夏になるとロックやポップスのコンサートが開催され、ビートルズ、アバをはじめ、数多くの有名アーティストが公演を行ってきた。今年7月にはイギリスからエルトン・ジョンがプライベートジェットでやってきてコンサートを行ったという。

遊園地の入り口のすぐ左側に一軒のレストランがある。飲んで、食べて、歌って、踊ることができるエンターテインメント・レストラン「Tyrol(チロル)」だ。ここで月に15回以上行われているのが「マンマ・ミーア!ザ・パーティ」だ。

ここでは映画『マンマ・ミーア!』の舞台であるギリシャの海岸沿いのタヴェルナ(飲食店)を再現。そこでキャストがミュージカルさながら、物語に合わせてアバのヒット曲を歌って踊る。映画とミュージカルを合わせたようなイメージだ。

値段はサービス料込みで1人1340スウェーデン・クローネ(日本円で約1万8000円)。テーブル席は全部で450席。満席として単純計算すると1日約800万円の売り上げになる。毎月最低15回の公演が組まれており、年間にすると約16億円もの売り上げになる。

次ページ入り口には長い列
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ネット広告の闇

世界最大の広告主・P&Gがネット広告を減らしている。トンデモサイトへの「知らぬ間出稿」でブランドを毀損したトヨタ、JAL、富士通…疑問と批判が噴出。ネット広告の問題点に迫る。