トランプのアジア歴訪裏で起きたヤバい事態

アメリカの国内外で「波乱の予感」がする

トランプ大統領の水を飲む姿がぎこちないとか、輸入物ミネラルウォーターを 飲むのはおかしいとか、そんなことを言っている場合じゃない。ぐっちーさんはアメリカの国内外で起きている重要な出来事を見逃すな、と言う(写真:ロイター/アフロ)

日本ではドナルト・トランプ大統領の訪日などに記事が集中していたなか、実はアメリカでは、今後の同国の政治を占ううえで、非常に重要な選挙が行われていました。バージニア州の知事選挙がそれです(ニュージャージー州でも知事選がありましたが、前評判どおり民主党の勝利なので、これは取り上げません)。

「寝ていたアメリカ独身女子」がついに決起した?

この連載の記事はこちら

実は、前回の大統領選挙で南部を固めたトランプ大統領が唯一失ったのが、このバージニア州なのです。しかし僅差での敗北であり、今回も当初は大接戦が予想されていました。が、終わってみれば民主党のラルフ・ノーサム氏が9ポイントもの差を得票率でつけて圧勝する結果となりました。さらに中身を詳細に見てみると、出口調査によれば独身女性においては、なんとほぼ77%対22%で民主党支持となっており、これが圧勝の1つの要因と見られています。

こちらの連載でも以前書きましたが、この独身女性層の民主党支持者が「家で寝ていた」ために、アメリカの大統領選挙において、ヒラリー・クリントン候補は、バラク・オバマ前大統領の得票数を600万票以上失ってしまいました。一方の共和党における票数は、前回選挙とほぼ同数でした。ヒラリーは、これで負けたわけです。

つまり彼女たちは「トランプなんて大嫌いだけれど、ヒラリーも嫌い」という非常に複雑な「ねじれ」を起こしており、これが票数の減少につながったのが敗因といえ、今回は「トランプにこのまま2期連続8年もやられたらたまらない」と奮起した民主党支持層が動いた、といえるでしょう。

ただ、この結果だけ見て民主党が反撃態勢に入り、来年の中間選挙も取れる、と思うのは間違いです。今いちばん勢いのあるリベラル派は、そもそも別の候補者を支持していました。このあたりの民主党内の「ねじれ」(人種、性別、年齢、地域)が解消されているとはいえず、いかにこの大統領選で「家で寝ていた」支持者たちを選挙に向かわせられるのか、かなり難しい情勢にあることには違いありません。

一方、共和党候補者はもちろん、まさに「ガットレンチング」(Gut wrenching=腸がねじれるほど痛い) とでも言うべき情勢で、はたしてこのままトランプ支持で突っ走っていいのか(実際、共和党支持者に限ってみると、トランプの支持率は70%もある、というデータもある)、極めて難しい選択を迫られることになるでしょう。アメリカ政治はこれからがどうやら本番で、当面、税制改革案を議会で通せるかどうかが非常に重要になってきます。これが通らないというような結果になると、来年の中間選挙に向かったトランプ大統領がさらに求心力を失うことになり、まさに政権の危機となってしまいます。

次ページアメリカだけじゃない!サウジこそ大変なことに…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。