83歳入居者殺害容疑で老人ホーム元職員逮捕

浴槽に張った湯に顔をつけて窒息死

皆川容疑者が勤務していた介護付き有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」(東京都中野区で)

東京都中野区の介護付き有料老人ホームで入居者の顔を浴槽につけて殺害したとして、警視庁は14日、元同施設職員で団体職員皆川久容疑者(25)(東京都杉並区方南)を殺人容疑で逮捕した。

皆川容疑者は容疑を認めており、同庁は、事件に至った詳しい経緯を調べている。

発表によると、皆川容疑者は8月22日午前4時40分頃、勤務先の「ニチイホーム鷺ノ宮(さぎのみや)」(中野区白鷺)の1階浴室で、パーキンソン病の入居者、藤沢皖(かん)さん(当時83歳)の顔を、浴槽に張った湯につけて窒息死させた疑い。

調べに対して容疑を認め、「藤沢さんが何度も布団を汚したので、『いいかげんにしろ』という気持ちになった」と供述しているという。

皆川容疑者は藤沢さんを殺害した直後、同僚に「藤沢さんが溺れている」と連絡し、119番を依頼。駆けつけた警察官には「藤沢さんの体を洗っている途中、ナースコールに対応するため浴室を離れた。約20分後に戻ったら藤沢さんが溺れていた」と説明していた。

司法解剖の結果、藤沢さんの首の骨やあばら骨が折れていたことが判明。同庁が当時の状況を調べたところ、ナースコールが鳴ったという説明は虚偽だったことがわかった。

事件当時、皆川容疑者は男性職員と2人で勤務していたが、男性職員は別の階にいたという。

同庁が改めて皆川容疑者に事情を聞いたところ、今月13日夜になって、藤沢さんを溺死させたことを認めた。施設3階のベッドで藤沢さんの首を絞めた後、1階の浴室に搬送。体を抱え上げて空の浴槽に投げ落とした後、湯を張ったと供述しているという。

都などによると、同施設は2015年4月に開設。定員76人。皆川容疑者は介護士として3年6か月の職歴があり、このうち1年2か月は同施設で勤務していた。事件後の9月21日に退職したという。

皆川容疑者の逮捕を受け、「ニチイホーム鷺ノ宮」は14日午前、入所者や家族に事件について説明した。

70歳代の母親が入所している50歳代の女性は、「事件について何も知らされていなかった。母に会いに行くと、一人で過ごしていたこともあり、職員が足りないように感じた。施設側からこれまでに何の説明もないのはおかしい」と憤った。

施設を運営するニチイケアパレス(東京都千代田区)は14日、「逝去した入居者、ご遺族に深くおわび申し上げます。警察の捜査に全面的に協力します」などとする社長名のコメントをホームページに掲載した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。