結婚適齢期を過ぎた男女が持つ「未婚観」

「あえて結婚しない」選択をするのはなぜか?

ミドルにはミドルの「未婚観」があるようです(写真:xiangtao / PIXTA)
「晩婚化」が叫ばれて久しい日本。平均初婚年齢は男性31.1歳、女性29.4歳で20年前と比べて約3歳上昇しています(厚生労働省、2016年度「人口動態統計」)。その中で、男女交際・結婚への意識にはどのような傾向が見られるのでしょうか。
平均初婚年齢前後のアラサー世代の結婚に対する意識について、前回(理想より「稼げない」恋人に対する彼女の決断)まで紹介してきました。今回からは、平均初婚年齢を過ぎた年齢層から、生涯未婚率の基準となる50歳を過ぎた年齢層までを対象に行った結婚についての意識調査を4回に分けてご紹介します。今回のテーマは「独身でいる理由」についてです。
なお、本稿記載のデータは、(株)明治安田生活福祉研究所が行った「35~54歳の結婚意識に関する調査」および「男女交際・結婚に関する意識調査」の調査結果を使用しています。

アラサーが未婚でいる理由

本題に入る前に、まずアラサー世代の未婚者が独身でいる理由について見てみます。25~34歳の未婚者に対して、独身でいる理由をたずねたところ、「希望の条件を満たす異性に巡り合わない」が男女ともに各年齢層で最も高く、特に女性では20代後半32.3%・30代前半33.9%と約3人に1人が回答しています。次いで、男性では「家族を養うほどの収入がない」、女性では「異性とうまく付き合えない」が続きます。

次ページミドル世代は「あえて結婚しないのか」?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。