経済効果150兆円!?五輪がもたらす光と影

経済再興への期待の裏側で懸念も膨らむ

「政界、財界、スポーツ団体、すべてが一丸となったことが今回の結果につながった」。9月10日に開かれた東京五輪招致委員会関係者の帰国会見。東京都の猪瀬直樹知事の興奮はまだ収まらないようだった。

マドリード優位の下馬評を覆し、東京が2020年の五輪開催都市に決まった。投票前日、6日夜の時点で東京の獲得予想は42票。翌7日に投票する国際オリンピック委員会(IOC)委員は97人とみられ、過半数まであと7票に迫っていた。

招致委員会評議会議長の森喜朗元首相は3都市による激戦をこう振り返る。「各都市が30票ずつの基礎票を持っており、ポイントはあと20票をどう取るか。投票日までの3日間、激しくせめぎ合った」。

五輪招致の動向に詳しい早稲田大学の原田宗彦教授は「東京にとってはトーマス・バッハ氏とアハマド氏の支持が大きかった」と指摘する。

バッハ氏は次期IOC会長選での当選が確実視されていた人物だ。実際、10日の会長選で当選を果たしている。トップ交代によって、組織体制もがらりと変わるのがIOCである。組織内で生き残るには、トップの意向に沿っておくことがベストの選択なのだ。

アジア・オリンピック評議会の会長を務めるシェイク・アハマド氏はクウェートの王族出身で、バッハ氏の後ろ盾にもなっていた。その二人の有力者が東京支持に動いた。

次ページマドリードのつまずき
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。