金融機関のリスク規制、自主管理力が問われる


 欧米大手金融機関の損失は止まらず、金融システム危機は払拭されるどころか拡大するばかり。金融機関のレバレッジの解消とバランスシートの調整が続くかぎり、貸し渋りによる信用収縮もまた、止まらない。

昨年の夏から秋にかけては、サブプライムローンを証券化したRMBS(住宅ローン抵当証券)やその再証券化商品であるABS−CDO、RMBS等を含む資産を裏付けにABCP(資産担保コマーシャルペーパー)を発行するSIVなどの証券化ビークルに損失が発生していた。

しかし、今年に入ると、プライムローンにまで価格下落が拡大。証券化商品に流動性を付与するはずのモノライン(保証専業会社)やファニーメイ、フレディマックのGSE2社(住宅金融公社)まで信用が崩壊してしまった。

それにしても、皮肉な結果である。ほんの2年ほど前まで、ROE2ケタの収益を上げるシティグループやメリルリンチは、日本の金融機関にとって羨望の的だった。貯蓄超過で資金需要が乏しく、融資主体の邦銀にとって収益機会は乏しい。そんな中で、ローン債権を転売して、手数料収益を稼ぐ証券化モデルはまさに、見習うべきお手本とされていた。

また、かつて邦銀は融資先の株を持ち、追い貸しも行ったから融資さえエクイティに近い状態だった。多大なリスクを負い、バブルが破裂すると、損失はメインバンクに集中した。証券化モデルはこうしたリスクを回避する魔法の杖と思われた。

金融機関に戻るリスク

ところが--。シティバンクの約490億ドルをはじめ、ソシエテ・ジェネラル、HSBCなど欧米の大手金融機関は、昨年、オフバランス化していたABCPコンデュイット、SIVなどの簿外の証券化ビークルを連結せざるをえなくなった。相手は機関投資家。それまで、自らも儲けていただけに、いざとなったら損を押し付けて逃げるわけにいかなくなった。本邦の住専問題における母体行主義を思い出させる。

また、ARS(入札方式の公共債)について、「リスク説明が不十分だった」として、シティバンクやUBS、メリルリンチなどが巨額の買い戻しを余儀なくされている。

モノラインやGSEは証券を保証してくれたはずなのに、それらの信用低下で評価額が下落。外したはずのリスクが戻ってきた。

金融機関のリスク管理と規制の枠組みのどこに問題があったのか。今年4月、金融安定化フォーラム(FSF)がG7(7カ国財務相・中央銀行総裁会議)に、報告書(提言)を提出した。これを受けて、バーゼル委員会が、銀行システムの強靭性を確かなものにするため、今年末までに枠組みを決めることになった。

国際業務を行う銀行は、いわゆるBIS自己資本比率(リスクによってウエート付けされた資産に対する自己資本の割合)が8%以上なければならないが、まず、今回の金融危機を通じて問題となった資産について、リスク量に対する必要資本の割合(第一の柱と呼ばれる)を見直す。

たとえば、再証券化商品など複雑な仕組み債。これまで、格付けがAAAなら普通社債のAAAとリスク量が同じとみていた。しかし、過去のデフォルト確率のデータもなく、格付け機関のモデルに欠陥があることが明らかとなった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。