「不倫自慢」は卑しい人間が行う最低の行為だ

不倫も悪いが、それを自慢するのはなお悪い

私はうさぎ様とは友人になれると思います。これに対し、近づきたくもない人種が、ご相談文中のW不倫をしている医師夫人のような人たちです。うさぎ様は、そのような最低の人の言葉のどこに傷ついたのでしょうか。あなたのほうがずっと人間が上等で、幸福な人生を歩んでおられるではありませんか。

不倫自慢は、卑しい人間のすること

不倫行為は、公に自慢するものでしょうか。いうまでもないことですが、自慢をするようなものではありません。どうしても他人と通じたいというのであれば、離婚して正々堂々とした関係に持ち込むべきなのです。ましてW不倫を(暗黙かどうか)公認し合っている夫婦など、おそらく世間体や利害関係で夫婦の体裁を保っているにすぎず、これの何が「幸福」な家庭環境でしょうか。

大体どのような愛情も、2~3年も経てば薄れるかなくなるもので、その代わりに時間とともに深まるのが情だという人がいますが、ある意味、言い得ています。既婚者が、配偶者以外に好きな人が現れる都度、自制心なく感情のまま動くとなれば、どうなるでしょうか。結末は、世の中は無責任な不倫カップルだらけということになります。

最近はテレビドラマなどでこのような生き方が市民権を得てきているようですが、そのような浅薄な家族関係よりも、誠実に家族と生きるほうが幸せだと自信をもって考える人を、私は応援したいと思います。

ところで最近話題になった“不倫議員”たち、それでも「一線は越えていない」と言っています。真偽はともかく、あなたのママ友の医師夫人に比べればこの人たちは恥を知り、不倫のための不倫でなかった点で、同情の余地がなくもありません(あくまで余地ですが)。

それほどに私には、まず不倫ありきのその医師夫人の自慢話は不潔でむなしく、もの悲しくさえ聞こえます。

次ページ「医師夫人」という肩書
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。