「AI投資情報サービス」は本当に使えるのか

決算発表後「1分」で内容を知らせるサイトも

AIを使った投資情報は役に立つのだろうか(写真:Graphs / PIXTA)

日本の株式市場や為替市場において、AI(人工知能)による投資や運用の影響度合いが高まりつつあります。

個人投資家が人工知能を活用するためには?

最近、私も個人投資家の方々から、「個人投資家がAIを気軽に活用して投資を行うことはできないのか?」「AI投資はどうやったらできるのか?」「ネット証券はどんなAIサービスを提供しているのか?」などの質問を多く受けるようになってきました。

今回は、こうした質問にわかりやすく答える形で、日本のネット証券が提供している個人投資家向けAIサービスを少し紹介していきたいと思います。

まずはネット証券最大手、SBI証券による個人投資家向けAIサービスを見ていきましょう。SBI証券は、投資信託をはじめとした総合金融情報を提供するモーニングスター株式会社のAIを活用し、米国の主要500社が公表した決算情報を日本語に翻訳した「米国株式決算速報ニュース」を流しています(最速なら企業の開示から数分で配信)。

足元では最高値を更新するなど堅調な米国株に投資したいものの、「外国語はちょっと苦手で情報収集のハードルが高い」と感じる日本の投資家にとっては便利なサービスです。

次にマネックス証券のAI関連サービスを見てみましょう。AIが示唆した資産配分(アセットアロケーション)に関する月次の「AIレポート」を顧客向けに配信しています。これは株式会社Good Moneyger(グッドマネージャー)社のAIを用いてマーケットを分析し、世界主要地域(米国・欧州・日本・新興国)の見通しを目に見える形でわかりやすく把握できます。

ご覧になっていただくとわかりますが、世界の景気の状況などを天気予報形式で表現し、株式・債券・REITなどの資産への投資スタンスを「◎・○・△」の3段階で表しています。「バランス投資を考えて資産形成に努めようと思うけど、どんな地域に投資すればいいのか? また、どのような資産に資金を配分していったらいいのかを知りたい」という個人投資家には、冷静で中立的な機械であるAIが示唆した資産配分戦略は、1つの参考情報になるのではないかと思います。

次ページAIによるテクニカルと企業業績分析の融合サービスが便利
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。