フィギュア、宇野選手が男子SPで首位発進

スケートカナダ、無良は74.82点で8位

 10月27日、フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦、スケートカナダの男子SPで宇野昌磨が103.62点をマークして首位発進した(2017年 ロイター/Sergei Belski-USA TODAY Sports)

[27日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日、カナダのレジャイナで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨が103.62点をマークして首位発進した。

無良崇人は74.82点で8位だった。

パトリック・チャン(カナダ)が94.43点で2位、ジェーソン・ブラウン(米国)が90.71点で3位につけた。

女子SPでは本郷理華が61.60点で6位、本田真凛は52.60点で10位となった。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が76.06点で首位スタートを切った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。