日本の学校教育が国際的に全然悪くない理由

「ゆとり」の目指したことは成し遂げられた

悪い点ばかりが取りざたされがちですが……(写真:ManabuAsakawa / PIXTA)
今回の衆院選では、幼児教育の無償化や大学生の奨学金の増額などを各党が訴え、教育政策が争点の1つとなった。教育のあり方は国の競争力にもかかわる。日本の教育は国際的に見てどうなのだろうか。とかく日本人は自国のことを卑下しがちだ。そんなとき「外」の視点が大事になる。
イギリス人の教育研究者ルーシー・クレハンは、日本をはじめとする国際学力テスト「PISA」の成績上位国を訪ね歩き、その成果を『日本の15歳はなぜ学力が高いのか?――5つの教育大国に学ぶ成功の秘密』にまとめた。ユネスコに世界各国の教師の昇進コースに関するレポートを提出した実績も持つ彼女が、日本の小学校で班活動が重視される理由から「脱ゆとり」の是非までを独自の視点で論じ、わが国の教育に新たな光を当てる。

勉強すれば良い成績が取れる

日本の教育制度は、「最初は誰もが同等の知能を持っていて、学力に差が生じるのは環境や個人の意欲のせいだ」という前提に立っている。

といっても、日本人が、優秀な子とそうでない子がいるという考えを持っていないわけではない。日本で私を泊めてくれたイギリス人英語教師のジュリエットは、娘の友達のことをよく話してくれたが、クラスメートのことを「頭いい」とか「頭悪い」とか言いあっているのを耳にしたことがあるという。

こういう違いは、頑張って勉強するかしないかの結果として生じたものだと受け取られているのだ。ジュリエットの娘、18歳のリリーは次のように説明してくれた。「テストでもし落第点を取っても、それは頭が悪いせいじゃない。勉強しさえすれば、1番にはなれなくても、絶対に及第点は取れるはず。みんなそう思ってる」

この信念は、授業を通して、教師から子どもたちに伝えられる。小学校では活動のほとんどを〈班〉単位で行う。班の仲間と一緒に座り、一緒に勉強し、一緒に給食を食べ、一緒に学校じゅうを掃除する(見ているととてもかわいい。ただ、まるで『アニー』の孤児院の中を歩いているような気がする)。

したがって学習成果は班の努力として評価され、個々の生徒のあいだの初期の能力の違いは問題にされない。褒められるときも、個人ではなく班が褒められる。

次ページ万人に等しい教育
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。