便せん2枚が2億円、アインシュタインの金言

来日時、ホテルのボーイに渡したメモが落札

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

物理学者のアインシュタイン氏が戦前に来日した際、日本人のホテルのボーイに渡したメモが2億円あまりで落札された。

このメモはノーベル賞を受賞した直後の1922年に来日したアインシュタイン氏が、滞在先の帝国ホテルの便せんに記したもの。2枚にはそれぞれ「静かで節度のある生活は、絶え間ない不安に襲われながら成功を追い求めるよりも多くの喜びをもたらしてくれる」「意志あるところに道は開ける」と書かれ、ホテルのボーイにチップの代わりとして渡された。

相対性理論で知られるアインシュタイン氏の幸福についての考え方を示す貴重な資料は、24日のオークションで合わせて180万ドル、日本円で約2億円あまりで落札された。

日テレニュース24の関連記事
平壌取材 開発のため邦人遺骨を別の場所へ
米空母「ルーズベルト」西太平洋海域に
EV、AI…東京モーターショーに未来の車
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。