超大型の台風21号、関東を北上し茨城県沖に

23日午前6時現在で9万3873世帯に避難指示

台風21号の大雨で冠水した道路を水しぶきを上げながら通るバイク(23日午前7時44分、東京都千代田区で)=吉岡毅撮影

超大型の台風21号は23日午前3時頃、静岡県御前崎市付近に上陸した後、暴風域を伴いながら関東を北上し、茨城県沖に抜けた。

気象庁によると、風速15メートル以上の強風域が半径800キロ以上の「超大型」で上陸したのは、同庁に記録が残る1991年以降初めて。

23日午前10時現在、21号は宮城県・牡鹿半島の南東約50キロの海上を、時速75キロで北東に進んでいる。中心気圧は970ヘクト・パスカル、中心付近の最大瞬間風速は45メートル。

道路ののり面が崩れ、土砂が民家に流れ込んだ現場(23日午前、和歌山県紀の川市で、読売ヘリから)=大久保忠司撮影

同日午前9時半までの48時間雨量は、和歌山県新宮市で826ミリ、三重県尾鷲市で748ミリ、東京都八王子市で339ミリなど、各地で平年の10月1か月の雨量を大幅に上回る雨が降った。

23日夜には北海道の東の沖合で温帯低気圧に変わる見込み。24日朝までの24時間予想雨量は多い所で、北陸180ミリ、東北160ミリ、北海道100ミリ。

この台風で、福岡市東区で22日夕、病院の建設現場の足場が崩落し、歩行者の60歳代男性が下敷きになって死亡した。大阪府岸和田市では22日夕、府道が冠水し、車数台が水没。23日午前8時30分ごろ、軽乗用車の車内から女性1人が見つかり、死亡が確認された。

総務省消防庁によると、23日午前6時現在、全国の9万3873世帯に避難指示、92万2403世帯に避難勧告が出された。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。