喫煙の満足感を抑え成功率6割超、日本初の“飲む”禁煙補助剤が登場


 禁煙治療に飲み薬が登場した。ファイザーの「チャンピックス」は、日本初の非ニコチン製剤。既存のニコチンガムやパッチ剤と違い、体内にニコチンを入れないのが特徴だ。スタート用パックには2週間分が入っており用量変更も可能。吐き気など副作用を併発することもあるため、医師の適正指導は必須。指定の約5800施設で処方される。

喫煙の快感は、脳内の受容体にニコチンがくっついた時点で得られる。チャンピックスは、ニコチンの代わりに受容体にくっつき、たばこへの切望感を軽減させる。画期的なのは受容体とニコチンとの結合を阻む点で、喫煙しても従来の快感を得られなくなる。このため「たばこがおいしいという認知が変わり、成功率は高くなる」(中央内科クリニック・村松弘康副院長)。発売前調査の禁煙成功率は65.4%という(服用後、第9~12週を通して1本の喫煙もない割合)。

日本の成人男性の喫煙率は46%と、先進国の中で断トツに高い。喫煙は肺ガンリスクが高まるなど、健康への害は言うまでもない。禁煙にチャレンジする人は増加傾向にあるが、禁煙補助薬市場は100億円にも満たないのが現状。しかし、ニコチン依存症を意志のみで克服するのは難しく、「喫煙者の7割が禁煙に失敗した経験を持つ」(ファイザー)。
 チャンピックスは保険適用。治療費は12週間で2万円弱かかる。たばこ約70箱分の出費だが、禁煙しても失敗を繰り返す人には、かえって安上がりかもしれない。
(前野裕香 =週刊東洋経済)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。