環境汚染が原因で年900万人も死亡している

インドが最多=研究報告

 10月19日、医学雑誌ランセットに掲載された最新の研究で、2015年に環境汚染が原因で死亡した人は900万人に上ったことが明らかになった。写真は昨年10月ニューデリーで撮影(2017年 ロイター/Adnan Abidi)

[ロンドン 19日 トムソン・ロイター財団] - 医学雑誌ランセットに掲載された最新の研究で、2015年に環境汚染が原因で死亡した人は900万人で、AIDSや結核、マラリアを合わせた死者数の3倍に上ったことが明らかになった。

この問題に2年にわたって取り組み、世界各国の40人の研究者がが参加した「汚染と健康に関するランセット委員会」の研究報告によると、汚染が原因で早死にする人が最も多かったのはインドで250万人、次いで中国の180万人だった。

また、全世界の死亡のうち6分の1が汚染に原因があり、その大部分は発展途上国が占めていたという。

執筆者の一人は「グローバリゼーションに伴い、鉱業や製造業が貧しい国にシフトしており、それらの国では環境規制が緩いことが多い」と指摘した。

高レベルの汚染に長期間さらされると、呼吸器や炎症系に悪影響を及ぼし、心臓や肺の疾患につながるという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。