北朝鮮に原発が狙われたら…福井県民の不安

「たった4分で避難は無理」の悲鳴

弾道ミサイル発射計画に備えて開かれた県と市町などの連絡会議=8月18日、福井県庁

日本上空を通過する北朝鮮のミサイル発射が続く中、今回の衆院選は安全保障問題が大きな争点になる珍しい選挙といえそうだ。15基の原発を抱える福井県民からは「原発が狙われたら、私たちはどうなるの?」といった不安の声が多く、嶺南の有権者は「何かあったときに、どうやって国民を守るのか。その答えを示してほしい」と訴えている。

4分で避難?

「05時58分ごろ、北朝鮮西岸からミサイルが東北地方の方向に発射されたもようです」。8月29日午前6時2分、内閣官房の緊急情報「Em-Net(エムネット)」の一報が、福井県や県内市町にメールで入った。

北朝鮮が発射した弾道ミサイルは、北海道襟裳岬上空を通過し約2700キロ飛行、6時12分に太平洋上に落下した。全国瞬時警報システム(Jアラート)は12道県で鳴り響き、このうち9道県計24市町村で防災無線などの不具合が確認された。福井県や県内市町では、十数分おきに流れるエムネットの情報を正常に受信したという。

北朝鮮は9月15日にも、日本上空を通過するミサイルを発射。県安全環境部の木村正二危機対策監は「これまでと(安全に関する)状況が違うことは明らか」と気を引き締める。

二つの事例をみると、発射警報から日本上空通過まではわずか4~6分。国は「頑丈な建物や地下に避難する」などの行動例を示しているが、福井県連合婦人会の田村洋子会長は「4、5分で避難なんて無理。田舎なら近くにコンクリートの建物なんてない。結局なすがままだろうという不安を、みんな抱えている」と話す。

次ページ無防備な印象
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。