転勤でヘコむだけの人とバネにできる人の差

新しい環境でワンランク上の仕事を習得可能

仙台の街並み。こうした地方都市や海外に転勤するケースは少なくない。充実した転勤生活を送るにはどうしたらよいだろうか?(撮影:今井康一)

サラリーマンにつきものなのが転勤。入社早々転勤になった人もいれば、この秋の辞令で転勤が決まった人もいるだろう。独立行政法人 労働政策研究・研修機構が昨年実施した「企業における転勤の実態に関する調査」調査結果の概要によると、海外も含めた転勤経験者の比率は、全国転勤型の男性正社員を対象にした場合、転勤経験者が「6割以上」いる会社の割合は23.6%。2~5割程度の会社は4割以上に達する。企業規模が大きくなればなるほど転勤経験者の割合は高くなる。

反対に、転勤経験者がほとんどいない企業はわずか7.8%。転勤の可能性は誰にでもあると考えていいだろう。そこで、今回、先輩たちのアドバイスを基に、若手社員が充実した転勤生活を送るためのポイントをまとめた。

転勤の狙いは人間関係のリセットが目的?

この連載の一覧はコチラ

「いきなり大阪勤務。大学の友達も、同期もいない。会社が終わった後や休日をどう過ごせばいいのか、想像しただけで頭がクラクラしてきました」(不動産・23歳)

ずっと自宅だったので、とにかく1人暮らしが不安でした。ごはんの作り方がわからない。病気になったらどうしよう。アイロンはどうするんだろう。赴任するまで、そんなことばかり心配していました」(金融・23歳)

最大の悩みは、まだ大学生だった彼女とのことでしたね。遠距離恋愛で果たしてもつのか……」(アパレル・24歳)

転勤自体は楽しみだが、友達や家族や恋人と離れることが不安。こんな心理をあげる人は少なくない。

「ブラックと言われそうなので、大きな声では言えませんが、新人の転勤では、これまでの人間関係をいったん断つことを狙いの1つにしているケースは少なくありません」と話すのは、ある大手メーカーのA人事部長。

次ページあらたな出会いがあるかも
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。