日本のイルカ漁を描いた映画監督が問う正義

意見は多様が当然、言い合うほうが健全だ

「おクジラさま ふたつの正義の物語」より。(c)「おクジラさま」プロジェクトチーム

日本の捕鯨問題と和歌山県太地町(たいじちょう)のイルカ漁を断罪する映画『ザ・コーヴ』に衝撃を受け、「なぜ日本からの反論が聞こえないのか?」という危機感から作られたドキュメンタリー映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』(現在、好評公開中)。

本作は、『ザ・コーヴ』では無視された地元漁師の声やイルカ漁の歴史、日本人の自然観まで丁寧に拾い上げている。と同時に、「Animal Rights(動物の権利)」という概念から、世界と日本の間でますます深まる摩擦も浮き彫りに。

クジラ・イルカ問題に象徴される“世界”が凝縮された本作品を指揮したのは、NY在住の佐々木芽生監督。普段、日本を外から見ている彼女の「いま気になること」とは――。

“正義”が対立したとき、必要なのは言葉と対話

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

足掛け6年かかって完成した私の映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』は、去年10月、韓国の釜山(プサン)国際映画祭で世界初公開を迎えた。釜山の近くには、かつての捕鯨基地・蔚山(ウルサン)があり、韓国は犬を食べることで動物愛護団体の非難のターゲットになっていることもあり、観客の反応はおおむね太地町に同情的なものが多かった。

この映画を作って本当に良かったと思ったのは、上映会で、観客の前で堂々と自分たちの思いを伝える太地町の代表者の声を見たときだ。クジラ・イルカ問題で、これまで執拗に世界から責められてきた太地の人々の声を私なりに伝えることができたと思う。『ザ・コーヴ』が公開した時から、海外メディアの取材を一切、拒否してきた太地町の関係者らが初めて口を開き、言葉を慎重に選びながら、彼らの質問に答えていく。そしてそれは記事となり、「『ザ・コーヴ』は、我々をサディストのように描いた」という刺激的な英語の見出しで全世界に配信された。「これからは、ちゃんと発信していかなければなりませんね」と太地町の町長が帰り際にぽつりと言った一言が印象に残っている。

そして今年の9月からようやく日本で公開が始まった。国内なので、映画製作中にあのシー・シェパードから受けたSNSでの妨害や誹謗中傷などもちろんない。しかしそれとは逆に、捕鯨問題への“無関心”という壁を、正直、実感しているところだ。

現在のイルカ・クジラ問題は、以前の環境保護運動の文脈ではなく今世界で活発化している「動物愛護」「動物福祉」の観点で考えなくてはならない。「Human Rights(人権)」の延長線上にある「Animal Rights(アニマル・ライツ:動物の権利)」という考えは、いまや欧米では大きなムーブメントとなり、政策にも影響する程の力を持つ。

次ページビーガンやベジタリアンになる若者が増えている
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
いま買える株・投資

26年ぶりに日経平均2万3000円超え。歴史的大相場の始まりか?チャンスとリスクを点検する。見逃せない株価材料&銘柄、割安株ランキング、好成績の投信を掲載。緊急投資ガイド。