(第26回)近現代日本人数学者列伝~岡潔~(前編)

桜井進

●「数学は生命の燃焼によって作るのです」

 1960年、文化勲章授与式で昭和天皇の質問にこうこたえた数学者こそ岡潔(おかきよし、1901~78)、その人でした。多変数複素関数論の新境地を開拓して世界に認められた数学者です。
 私は岡潔のこの言葉が大好きです。数学者として自らの生命の意味を見事に語った言葉といえます。岡潔は1930年代、40年代に多変数複素関数論の重要未解決問題を鮮やかに解決していきました。まさに孤高の研究の極みに自らを追い込んでいったのです。岡潔にとって、数学こそが生命の根源にたどり着くための道標だったといえます。
 数学の目標は真の中における調和であり、芸術の目標は美の中における調和である。
岡潔著『春宵十話』
 岡は数学も芸術もその深部にある調和を見つけ出すことこそが目標なのだといいます。その作業過程はただ一人自分の心だけの灯明をたよりに闇を彷徨い続けることになります。はたしてたどり着いた数学の調和の園には前人未踏の風景をみることになったのです。そして、岡は次第に自分の内なる生命の根源が自らを取り巻く世界につながっていることに目を向けていくことになったのです。1949年奈良女子大学教授に就任し、女子教育に関心を深めていくことをきっかけとして、日本と日本民族の将来を憂い、その問題の本質に教育があることを発言しつづけました。
 私には日本民族はいま絶滅のふちに立っているようなものとしか思えない。それだけでなく、世界的にみても、人類は葬送行進曲を続けてやめないようにしか見えない。
 そんな状態でなぜ教育のような迂遠なことを話すのかと思われるかもしれないが、この危険状態から脱するにはよく教育するしかないのである。というだけでなく、日本の危機もまた教育、特に義務教育から来ている。
岡潔著『春宵十話』
 この岡の言説は1963年ですが、2008年の今日にそのまま通用するではありませんか。
 このように岡は現代の私たちにも響く見事な言葉を数多く残しました。岡の数学の言葉.定理や証明.と同じように、厳密な観察、考察そして論証にもとづいた彼の言説は読む人の心にせまるものがあります。岡は繰り返し語っています。数学は論理的な学問であるが、その論理の根底にあるのが情緒であると。人の中心は情緒であるがゆえに、それが育たなければ数学もわからないのだと。
 昭和天皇にこたえたその言葉には、数学と人間を見続けてきた岡潔の想いが凝縮されているように私には思えます。
 吉川英治さんの小説は昔から愛読していたが、直接知りあったのは一九六〇年秋、一緒に文化勲章を受けたときで、
・・・・・・
 それから式になり、陛下におじぎをして池田さんに勲章をもらい、帰って来てこんどは荒木さんから勲章を首にかけてもらった。それがすんで別室で陛下と一緒にお昼ごはんをいただいた。皇太子殿下と三笠宮さまも一緒で、お料理はなかなかおいしかった。食事のあと、また別の部屋でコーヒーをいただきながら陛下からご下問があったのだが、私はあがっていたとみえて、陛下が何とおっしゃたか全く覚えていない。ただ、ご質問の語尾の「・・・の」というところが耳に残っただけだった。したがってどうお答えしたかも覚えてないのだが、あとで荒木さんに教えてもらったところでは、私は「数学は生命の燃焼によって作るのです」といったという。そのころ私は学問のオリジナリティーを強調していた時期だったので、その考えをそのまま陛下に申し上げたらしい。それが大変吉川さんの気に入ったらしく、あとで、自分の作中の人物も、ひっきょう生命の燃焼を描こうとしているのだといわれた。これでますます吉川さんの知遇を得ることになったわけである。
岡潔著『春宵十話』
 次回は、岡潔が命を賭けて挑戦した多変数複素関数論と彼の珠玉の言葉の数々を紹介していきます。
桜井進(さくらい・すすむ)
1968年山形県生。東京工業大学理学部数学科、同大学院卒業。
sakurAi Science Factory主宰、サイエンスナビゲーター。東京工業大学世界文明センターフェロー。

在学中から塾講師として教壇に立ち数学や物理を楽しく追求する。講師をする傍ら、身近なものや数学者の人間ドラマを通して数学の楽しさや美しさを伝える「サイエンスエンター テインメント」活動を展開。2000年よりスタートした講演は日本全国で反響をび、現在も数学のロマンをナビゲートし続けている。テレビ出演、聞・雑誌などに掲載され今話題となっている。

【番組出演・新聞・雑誌掲載など】
読売新聞科学欄「サイエンス」講演活動掲載、『めざましテレビ』(フジテレビ)密着取材、『銀幕会議』(フジテレビ)『博士の愛した数式』映画紹介、文科省主催「サイエンスラウンジ」、「サイエン スキャバレー」に出演、雑誌『ダヴィンチ』7月号・8月号にて一青窈さんと対談、『たけしの誰でもピカソ』(テレビ東京)「数学で美しくなる」に数学の伝道師として出演中、他多数。

【著書】
数学のリアル』(東京書籍)、『雪月花の数学』(祥伝社)、『感動する!数学』(海竜社)、『超インド式桜井計算ドリル』(アスコム)、『インド式計算暗算ドリル』監修(宝島社)、『実況解説!インド式算術』(PHP研究所)、『2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する!』(ソフトバンククリエイティブ)、『数学で美人になる』(マガジンハウス)、『計算しない数学、計算する数学』(共著、技術評論社)、『オトナのための算数・数学やりなおしドリル 』(宝島社)、『天才たちが愛した美しい数式』(PHP研究所)、『数学で宇宙制覇』(海竜社)、任天堂DS『全脳シリーズvol.02 桜井進先生監修 インド式計算全脳ドリル

【公式Webサイト】
sakurAi Science Factory Web Site http://www.ssfactory.net/
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
経済の新常識<br>日本の今を「総括検証」!

追加緩和発動!風雲急を告げる日本経済を緊急解説する。景気、為替、経済対策などを賢人たちが徹底講義。加えて、「今」を読み解くための経済学の歴史、経済統計の見方も説明。

  • 新刊
  • ランキング