ネット企業殺到、「AIスピーカー商戦」の行方

日本ではグーグルとLINEが先行しているが…

10月6日発売の「グーグルホーム」はビックカメラ有楽町店で大々的に展開されていた(撮影:今井康一)

「OK、グーグル。今日のニュースは?」「クローバ、パパにLINEを送って」

10月5日、グーグルとLINEの米日ネット企業大手がそろって、AI(人工知能)を搭載したスマートスピーカーを発表した。「グーグルホーム」と「クローバ ウェーブ」は共に1万4000円前後で、価格でも対抗した形だ。

IT大手が続々スピーカーを発表

米アマゾンもAIスピーカー「アマゾン・エコー」を年内に日本で発売する。日本上陸は未定だが、米アップルも今年、「ホームポッド」を発表。米国では2014年発売のエコーが累計販売1500万台に達したとの現地報道もあり、AIスピーカー市場が急拡大している。スマートフォンに続く新たなデバイスをめぐる戦いが、ようやく日本でも始まる。

AIスピーカーは、話しかけるだけで音楽の再生や調べもの、家電の操作などを行える。その“頭脳”が、音声アシスタントと呼ばれるAIだ。人間の言葉を文字化する音声認識と、文字化した情報を言語として理解する自然言語処理の技術が土台となっている。

日本導入を急いだのがグーグルだ。今年5月から音声アシスタント「グーグルアシスタント」の日本語版をスマホで使えるようにした。徳生裕人・製品開発本部長は、「スピーカーの発売に向け、日本語版の改善を進めてきた」と話す。

次ページ日本語版開発のハードルとは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。